FXの考え方・手法

ゼロカットはあくまで保険!海外FXであっても勝ち方は堅実に!

海外FXではゼロカットシステム(追証なし)があることによって安心してトレードをすることができます。

とはいえ、ゼロカットありでハイレバができる海外FXではロット数が大きくなりがちで、かえって資金を溶かしやすい原因にもなってしまう。

海外FXの勝ち方「ゼロカット前提のトレードはしないこと」がむしろ重要になってくると考えています。ただし例外もあるのでこの記事を読んでみてください。

このページでは、トレーダーにとってゼロカットの正しい考え方について書いています。

海外FXのゼロカットとは?

そもそもゼロカットとは簡単にいえば、損失はその口座にある金額以上にはならないということです。

ゼロカットは海外FX特有のことで、追加の証拠金の入金を求められる「追証」がないので安心して「攻めたトレード」をすることができる。

海外FXにおける、このメリットはなにより大きいです。

追証とは|追加してお金を差し入れなければならないこと

そもそも危険なこの「追証」とはなにか。軽くおさらいしておきます。

「追証」とは「追加保証金」の略。追証のある状態となってしまったら追加してお金を差し入れなければならない。

国内のFX(外国為替証拠金取引)や株式の信用取引などのレバレッジをかける取引では、自己資金以上のポジションを証券会社から借金をして保有していることになります。

もし、その取引対象の価値が暴落した(逆にいった)として、自己資金を超えて損失がでてしまうおそれのあるときには、借金ぶんを証券会社に入金しなくてはいけない状態となってしまいます。

証券会社にお金を返さなきゃならないのです。

これが追証

つまり相場の激しい値動きによって、国内のレバレッジ取引では、自分の口座にある入金額以上の損失がでてしまう可能性がいつだってあるのです。

この追証があることによって、FXや株式信用取引などレバレッジをかける行為は一般に「怖いこと」とされています。

世間からのFXのイメージがよくない理由がここにありますね。

海外FXではマイナス残高がリセットされることにより、借金ができるという最大のリスクを回避できる。

ゼロカットについてよりくわしく

ゼロカットマイナス残高リセットされることですが、ほとんどの場合、ブローカー側で維持率が一定水準を下回ると自動的にロスカット(ストップアウトという)されるので、この自動ロスカットと混同されることは多いです。

海外FXで自動ロスカットされた場合は、数百円くらいの中途半端な金額だけが残る経験をしたトレーダーも多いはず。

ボーナス業者の場合は、クレジットと相殺されて中途半端なボーナスが残るケースも多いですね。

それに対して万が一、急激な動きによってロスカットが追いつかず、マイナス残高が発生したらゼロカットです。

マイナスをゼロに戻してくれて、口座残高は綺麗に「0」となります。

通常、申請などはいらず、早くて数分後に、遅くても次の日にはマイナス残高はリセットされます。

ブローカーによって早い遅いはありますが、しばらく経ってもされていないようならばサポートに連絡してみること。

ゼロカットにおけるブローカーの影響

金融街のビル群イメージ

ゼロカットは業者側がリスクを負っていて、実際にスイスフランショックによって顧客の損失を被って潰れた大手FX業者もありました。

XM、iFOREXなど、スイスフランショックのときに顧客の損失を被って顧客を保護した上で生き残った老舗業者は、それだけで信頼する価値はあると思っています。

 

スイスフランショックのとき、海外FX業者の中には顧客に追加入金するように求めた海外業者もありました。それほど有名な業者ではないです。

しかし、この例でも正確には顧客に「追証」を請求したわけではなかったようです。

事実上、海外FX業者が海外の顧客に対してお金を回収することなんてできません。

引き続きトレードをするのであるならばマイナス分を補填するように求めたというのが真相でした。

ただ、そのような例もあったわけで、ある程度以上は信頼のおけるメジャーな海外FX業者(下記は例)をメインに使ってみることがよいですね。

XMTrading、Tradeview、Axiory、iFOREX、GEMFOREXなど、もちろん全部ゼロカット(追証なし)です。

 

そしてスイスフランショックを教訓に、現在は顧客のレバレッジを規制することによって業者側もリスクヘッジをしていますので、ある程度の基準に達したときに顧客が最大レバレッジを下げられることは仕方のないことだと思っています。

ゼロカットによるトレーダーのメリット

ゼロイメージ

僕が思うゼロカットの最大のメリットは、自分の最大損失額を最初から把握できているという点につきます。

最大の損失額は入金額ということを知る

海外FX口座の場合、そこに入金されている額が最大の損失額だと最初からわかっているので、

その残高ぶんだけを失うリスクがあることを覚悟しておけばいい。

 

FXはしょせんは投機です。いつだって相場にはなにが起こるかわかりません。

自分の最大の損失額を最初からわかっているということは投資家・トレーダーとして人生を歩んでいく上で重要なことです。

ゼロカットのメリットとしては「プランがたてやすい」。

これは自分の全資産の10%をFXでまわしている場合、数年に一回ほどある金融ショックなど、最悪のことが起きたとしても10%の損失に限定できるということ。

ゼロカットはトレーダーにとって最大の保険となりますね。

FXでは不測の事態に対処できることが大事

FXは投機であるということに加えて、業者側の都合によっての不測の事態にも巻き込まれやすいです。

約定拒否、スリッページ、利益取り消し、口座凍結、サーバエラーといったことです。

このことは必ずしも悪徳な業者だけに起こるということではなく、リクイティディ側の都合でもレートが飛んだり、そのとき流動性が少ない場合にも起こってしまいます。

 

国内FXでは、大手FX会社でさえショック時にサーバ障害でつながらない(例:2020年3月9日)、ロスカットが追いつかないということはよくあります。

決して国内FX=安全なわけではないのです。

つまり国内海外すべてを含めて完璧なFX業者なんて存在しない!!

 

もしサーバ障害によって、その間に「追証」が発生したなら発狂してしまいます。

このような理不尽な目にあうことも100%起きないとはいい切れないので、

FXは大きな資金でやらないこと、それと適切なロット数でトレードできるようになることが大事ですね。

ゼロカット前提のトレードはしないこと

一発勝負のトレードはしない

不慣れなトレーダーは、本来なら海外FXの利点である「レバレッジの選択肢が多いこと」と「ゼロカット」があることによってムチャなロット数になりがちとなってしまいます。

FXがギャンブル勝負となってしまう。

このように海外FXの利点は「諸刃のつるぎ」であり、

海外FXが一発勝負になりがちになってしまうことによって、海外FXがよくないと誤解されることもあります。

ただ、このことはトレーダーの欲望によっておきていることです。

いつだってロット数を決めるのはトレーダー自身だから。

 

大事なことは、ゼロカット前提のトレードはしないこと。

ゼロカットばかりされてしまうトレードがおかしいことを知ること。

ゼロカットはただの保険です。

むしろゼロカットされないトレードを意識する

FXする上で、一番不幸なことは入金して溶かして入金して溶かしてを繰り返すことです。

ゼロカットを前提としたトレードを繰り返すと、どれほど口座資金を増やせたところで最後には「0」になってしまう。

フルレバまぐれ勝ちを繰り返していてもいずれ全部吐き出します。

一撃、数百万で勝ったとしても、次にそれ以上にロット数を増やして全部なくしたら意味がないのです。

 

海外FXにおける勝ち方は、じつは堅実にトレードすることなのです!!

ロスカット(ゼロカット)トレードをよしとする場合もある

ロスカット(ゼロカット)トレードをよしとする例外もあります。

それは、FXにあてる資金(口座)を複数に分けている場合です。

口座資金を分けている場合

資金を複数に分けていて、事実上ロスカット(ゼロカット)がストップの役割をはたしている場合にはOKです。

そのエントリーにおけるリスク許容度がその口座資金がなくなるまでで、ほかに資金を温存している場合にはその戦略は正しいといえます。

FX口座の資金が極端に少ない場合

なくなってもいいくらいの少ない資金ならば、多少ムチャなレバレッジでも勝負をかけた方が効率がいい場合もあります。

投資においては資金が少ないほどリスクは大きくとれることは事実。

出金をこまめにしている場合

数百万入れて勝ったらすぐ出金をかけるなど。年間で、きちんと利益をものにできているのならばそれもいいと思います。

 

以上のように、状況とトレードスタイルによっては、ハイレバロスカットトレードをよしとする場合もあるということです。

しかし、基本は堅実にトレードするということを忘れないでください。

ゼロカットは保険!海外FXでも勝ち方は堅実に!

あくまでゼロカットは保険!要点まとめ

ゼロカットは安心ですが、

ゼロカットされることを前提とするようなトレードをしてはいけないというのが今回の話です。

一回こっきりのフルレバ勝負で資金をゼロにしないこと!

長距離マラソンとして考えて、出金(ゴール)するまでのあいだに、FX口座残高が徐々にでもいいので増えていくことが大事なのです。

そのため、FXで安定して勝つためにはフルレバはせず

一回のエントリーにおける損失額をあらかじめ厳しく見積もって適切なロット数と適切な位置にストップを入れていくことが勝ち方の秘けつとなりますね。