XMTrading

XMTradingのデメリットはスプレッドが広いこと!?どうするべきか!?

海外FXナンバーワンの「XMTrading(以下XM)」には唯一といっていいほどの短所があります。

それはスプレッドが広いことです。

海外FXのなかでは信頼できるFXブローカーのXMですが、取引コストが足かせとなってしまうトレーダーは多い。

そこで、今回はXMのスプレッド(手数料)の高さについて本音と対策を書いていきます。

XMは「スプレッド」が広い

FXのスプレッド

XMはスプレッド(売値と買値の差のこと = 業者の手数料)が広いです。

広いんです!

ドル円の平均スプレッドで1.6銭です。

いくらXMに人気があってみんなが使っていようとも、スプレッドに悩んでいるXMトレーダーは多いはず。

スプレッドが広いことはかならずしも「悪」ではない?

手数料イメージ

ムリヤリな擁護として…取引の手数料が高いFXブローカーがかならずしも「悪」ではないということは言っておきます。

なぜならFXブローカーは競争原理にさらされていて、儲かっていないFXブローカーは上質なサービスを提供し続けることができないからです。

一般に、サービスの質が高くなるほど料金は高くなり、

安売り路線の業者ほどサービスの質が落ちます。

安売りの場合「安いかわりに品質には目をつむってね」といういうことです。

このことはすべての業界がそうです。

料金と品質はトレードオフ!

そして、じつはこういったことはFX業界であっても顕著なことであり、

身を削ってスプレッド競争に巻き込まれているFX会社には注意が必要です。

同じくボーナスが異様に豪華な海外FX業者にも注意が必要です。

 

私が重視しているのは出金できることはもちろんですが、サービスに継続性があるか、入出金が迅速かつ安定しているかです。目新しさ、多少の手数料、取引ボーナスはそれらと比べればどうでもいいこと。

 

つまり信用できるFXブローカーには保険料というかたちで信用度の分のプレミアムを払っているということです。

ブランドものが安売りしていないことと同じで、安売りでないほうが信頼できますね。

FXブローカーが儲かっていないと、なにをしてくるかわかりませんから。

XMは良くも悪くもサービス内容が不動で、保守的な運営となっています。

ボーナスを提供してくれるFXブローカーではありますが、ありえないほどのボーナスをばらまいているわけでもありません。

私がとくに重要視する出金とサービスの継続性に関してはもっとも信頼できる海外FX業者と考えています。

XMの安全面について:「XMTrading」が安全でおすすめなFXブローカー

それでもなおXMブランドよりも取引コストを安くしたい!と、FXブローカーを替えてみたいトレーダーは読み進めていってください。

世界のFXブローカーの数は多いので、納得いかないことがあればひとつのFXブローカーにこだわらずに他をあたればいいわけです。

XMの短期トレードで悩んでいる

私もスキャルピングや短いデイトレードといった短期決済するときはXMでトレードしているとハンデだと感じてしまうときがあります。というかハンデです。

やはりこればかりはトレードスタイルによってFXブローカーとの相性が決まります。

 

どれだけXMが国内で一番人気な海外FX業者であろうとも、取引コストは安くできるに越したことはない。そんなジレンマを抱えているトレーダーにはいくつかの解決策があります。

XMは信頼性へのブランド料だと思って割り切る!…ではなく、それ以外の選択肢です。

XMで短期トレードをすべきかの解決策

FXブローカーをトレードスタイルによって使い分けること

一番の対策としては、トレードスタイルによってFXブローカーを使い分けることですね。

これが答えです。

これ以外にはないと考えていますが、

ほかに無理やりいうとXMの「スプレッドが広い対策」には複数の選択肢があります。

考えられる手段としては以下。

ゼロ口座(XMTrading Zero)を使う

XM内のスプレッドが狭い口座タイプの「XMTrading Zero口座」を使うことですね。

関連記事:XMのゼロ口座(XMTrading Zero)ってどうなの?本音で解説!

ただし外だしの手数料は他のところと比べると高いままであり、あまり解決策にはなりません。

XMはどの口座タイプであってもスインガー(ポジションを数日間保有するトレーダー)に向いているFXブローカーといえます。

XMではトレードスタイルをかえる

もちろん結果がともなっているトレードスタイルをFXブローカーのためにかえてしまうのは本末転倒です。

スプレッドが広いXMはスキャルピングといった超短期トレードには向いていません。

短期トレードで結果がでているトレーダーならばそのトレードスタイルをかえる必要はありませんが、結果がでていないのならばトレードスタイルをかえるいいきっかけとなるかも。

オーバーナイトやスイングといった時間軸で、さらに出金するまでの期間を長くもうけているトレーダーにとっては多少の手数料を払ってでも信頼できるFXブローカーを使うことは間違えではありません。

キャッシュバックサイト経由でXMの口座開設をする

取引回数が多いトレーダーにとっては節約ができていいかもしれません。

一部取引手数料が還元されますがキャッシュバック系サイトを経由して口座開設をするとXMのボーナスは対象外となります。

本来XMに合っているスインガーにとっては取引回数が少ないと、いうほどメリットがないということはあります。

FXブローカーを使い分ける

スプレッドが狭いタイプで代表的なブローカーはAxiory、Exness、Titan FX、Tradeviewで、

とくに人気だと思うのがAxioryの「ナノスプレッド口座」、

最近でおすすめなのがExnessの「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」す。

一番の解決策:トレードスタイルによってFX業者を使い分ける

信用できるブローカーのなかから合っているブローカーをチョイスする

優良FXブローカーは(かぎられてはいますが)XMのほかにありますし、FXブローカーによっての得意不得意は違います。

FXブローカーごとの得意な部分をうまく使い分けて「いいとこ取り」をすることが得策です。

AxioryとTitan FXはスプレッドが狭いタイプのFXブローカーのなかでは人気なもので運営歴もそれなりに長いです。

Exnessは世界的にはXMを超える規模のFXブローカーであって、XMにはない仮想通貨ペアや個別の米国株式など多様なトレードができます。