XMTrading

【XMの888倍には】レバレッジ規制あり!200万円からは200倍に

XMTrading(以下XM)の【最大レバレッジ888倍ですが、

口座資金が200万円(より正確には2万ドル)を超えてくると最大レバレッジは200倍に制限されます。

 

国内の規制ではどのFX会社であっても最大レバレッジは25倍ですが、それより大きなレバレッジをかけられる海外FXにおいても口座資金によってレバレッジは規制されるのです。

(そもそもFXトレードにレバレッジ888倍も必要ないですが…)

このページではXMにおけるレバレッジのルール海外FXのレバレッジ制限についてとその対策トレードする上でのレバレッジの正しい考え方がわかるようになっています。

海外FXにもレバレッジ規制あり

冒頭のとおり、いくらハイレバレッジでトレードできる海外FXであっても、

「最大レバレッジ」は制限(レバレッジ規制)されることがあります。

このレバレッジ制限が起きるかどうかは海外FX業者のもともとの最大レバレッジによりますし、制限される条件はFX業者によって違います。

XMでは取引口座の有効証拠金が、

20,000ドル(200万円ほど)を超えてくると最大レバレッジは200倍に制限されます。

100,000ドル(1,000万円ほど)を超えてくると最大レバレッジは100倍に制限されます。

 

取引口座の有効証拠金 XMのレバレッジ制限
0 〜 200(万円) 888倍
200 〜 1,000 200倍
1,000 〜 100倍

※正確にはドル換算です(口座資金が「USD20,001以上」で200倍に制限)

※スタンダード口座とマイクロ口座の最大レバレッジが888倍スタート、XMTrading Zero口座の最大レバレッジは500倍スタートです。

※これをさらに超える口座資金によっては50倍にまで制限されることもあります。

 

レバレッジ制限が入る場合にはメールが届きます。

XMでは、担当部門が確認した時点で取引口座の有効証拠金が一定水準を超えているとレバレッジを変更する決定がなされるとのこと。

制限されたレバレッジは保有する口座すべてに適用されます。

口座の有効証拠金が再び下回った場合、レバレッジ制限の解除についてはサポートに問い合わせることです。

 

レバレッジ制限についてはXM公式の口座タイプの説明にも公開されています。

 

もちろんXMでは、全口座どれほどのレバレッジをかけてトレードしようとも入金額以上の損失はなし(追証なし)です!

リアル取引口座を開設する

じつはレバレッジ制限はデメリットではない!?

FX業者のレバレッジの真実

レバレッジの規制はデメリットではありません。

これは個人の意見となってしまいますが、

まともな海外FX業者ほどレバレッジを制限してくると考えています。

スイスフランショックのときに顧客の損失を被って倒産した業者が多発したので、

FX業者は資金量のあるトレーダーがムチャクチャなレバレッジをかけないように規制する必要があるのです。

むしろリスクヘッジのできていないFX業者を使うことの方がよほど怖いことです。

 

もともとFXでは100倍を超えるレバレッジというものは本来だったら成立しません。カバー先が受け入れることのできる数量には限度があるからです。

このへんのことについて詳しくなる必要はありませんが(トレードで勝つこととあまり関係ない)

888倍などの大きすぎるレバレッジは資金が少ない顧客に対してのみ提供してくれるサービスだと思っておくくらいがちょうどいいです。

そして海外FXでは規制されたあとの最大レバレッジであっても十分ハイレバです。

各国の「総選挙」や「国民投票」などの重大なイベント時にもレバレッジ規制が入ることがあります。

このこともFX業者側がリスクヘッジするためにしかたのないことです。

そのときにも「重要なお知らせ」としてXMからはメールが届きます。

XMから届くメールのすべてについて関連記事:【XMから届くメールとは】どんな内容が届く?ウェビナーとはなにか?

XMのレバレッジ888倍 ← そんな使わない

そもそも、まともなFXトレードするためにレバレッジ888倍も使わないです。

フルレバはすぐに溶かすだけなので注意。

最大レバレッジを200倍に初回制限されたところでこのレバレッジでも十分すぎます。

海外FXトレードであっても、FXに必要なレバレッジは数十倍から100倍、大きくてもせいぜい200倍と考えています。

 

レバレッジの選択肢が多いことはたしかに海外FXのメリットではあるのですが、

その選択肢の中からは現実的なレバレッジの数量をチョイスしてトレードしていかなくてはなりません。

国内FXの25倍と比べればXMのレバレッジ制限後の200倍のレバレッジであっても十分大きく、より現実的なトレードをするきっかけになることもあります

 

レバレッジ制限されたあとでもトレードに影響がないということが理想ですね。

最大レバレッジが違う通貨ペア

XMではCFDのほか、すべての口座タイプを対象に最大レバレッジが違う通貨ペアがあります。

MT4とMT5プラットフォームに共通です。

EURDKK、EURHKD、GBPDKK、USDDKK、USDHKD、USDCNH、EURRUB、USDRUBのレバレッジは最大50倍、

USDTRY、EURTRYは最大100倍となっています。

CHFを含む全通貨ペアの最大レバレッジは400倍です。

 

DKKとはデンマーク・クローネ

HKDとは香港ドル

CNHとはオフショア人民元

RUBとはロシア・ルーブル

CHFとはスイス・フラン

海外FXのレバレッジ制限への対策

海外FXではポジションの保有中にもレバレッジが制限されてしまうこともあるかもしれないので、

利益が増えることによってレバレッジ制限がかかりそうな「節目」に差しかかるときに、証拠金維持率がギリギリとなるようなポジションを保有しないことです。

XMはレバレッジが制限される旨を公開しているので、事前にこのようなことを知っておくだけで違います。

新規口座開設のときに最初から口座の最大レバレッジを200倍にしておくというのもいいかもしれません。

 

ここまでの内容としては、あまり大きすぎるレバレッジにこだわる必要はないということなのですが、

それでもレバレッジ制限に不満があるのなら複数業者に分けることですね。

これにより資金を分散することにもつながっていきます。

規制がかかってしまうくらいの口座資金になればひとつのブローカーにこだわる必要もないという考え方もできます。

大きなポジション数量で勝負したいにせよ複数のFX業者で同一方向にポジションを取ればいいだけなので。

 

ちなみにXMでは「1回の注文における最大ロット数」と「最大で持つことのできるポジション数」にも制限はありますが、レバレッジ制限と比べてこちらは意識する必要はないです。

一応、その関連記事です:【XMのポジション数のルール】と「保有する銘柄の選び方」のコツとは?

「最大レバレッジ」より「適切なレバレッジ」

最大レバレッジより適切なレバレッジ

海外FXの「最大レバレッジ」というものは諸刃の剣で、資金を増やしやすく減らしやすくもするものです。

身の丈に合わないオーダーが通ってしまうので「増やせた資金でさえ一瞬でゼロに戻ってしまうこと」が「最大レバレッジ」の怖さです。

結局はレバレッジは使うもの次第。

レバレッジの怖さを知り、正しい使い方を知ればレバレッジは大きな武器となります。

 

重要なことは、最大レバレッジ関係なしに「適切なレバレッジで」トレードできるようになること。

レバレッジは常に何倍にするかなんて考える必要はないです。

レバレッジで考えるというよりはロット数と損切りラインで考え、証拠金維持率をみるべきですね。

自身のスキルとリスク許容度に見合わないロットを取らないこと。

 

相場にボラはあるがリスクあるときにはロットを落とすなど臨機応変に対処できることが大事です。

XMのレバレッジ規制についてのまとめ

海外FXのレバレッジ規制とXMTradingにおけるレバレッジについて要点まとめ
  • 海外FXであっても口座資金によって最大レバレッジは制限される
  • FX業者が運営していくためにレバレッジ制限は仕方のないこと
  • レバレッジ制限されるタイミングには注意すること
  • XMでは約200万円を超えると最大レバレッジは200倍
  • 最大レバレッジ200倍でも十分大き
  • 最大レバレッジ関係なしに適切なロットでトレードできるかが大事
FXトレードは「ボーナスのある信頼できる業者で」

100%の入金ボーナスと
口座開設するだけでもらえる
ボーナスもチェック