XMTrading

XMの無料のモバイルアプリの使い方【メタトレーダーとの違いとは?】

XMTrading(以下XM)にはXMオリジナルのモバイルアプリがあります。

XMのMT5口座では、このXMアプリからでもトレードすることができます。

その使用感を試すために最近のトレードでは、あえてXMのモバイルアプリから発注・決済をするようにしていました。

そういうことで、このページではXMのモバイルアプリの使い方メタトレーダー(MT5アプリ)との違いXMのモバイルアプリは必要かどうかといったXMアプリの評価の総括をこのページでは書いています。

XMの無料のモバイルアプリとは?

XMTradingオリジナルのモバイルアプリについて

通常、トレードはMT4 / MT5からすることにはなりますが、

XMでは公式のモバイルアプリもリリースされていて、これはもちろん無料でインストールできます。

 

XMアプリにログインすることによって、XMの会員ページでできることと同じことができますが、

XMのモバイルアプリを使ってトレードできるのは

XMのMT5口座のみです。

XM公式リンク:MT5について

 

じつはXM公式のモバイルアプリとしては、リニューアルされた2回目のリリースとなっています。

最初のバージョンは接続時間に時間がかかり正直使えませんでしたが、

現在インストールできるようになっているXMアプリは接続時間が大幅に改善されています。

デザイン自体はかわらなかったのですが、トレードするのに実用的なものにはなっています。

XMのモバイルアプリを使うべきか

先に結論からいっておくと、

XMのモバイルアプリは、なくても困らないけど

インストールしておいて損はないということです。

XMアプリの方でもMT4 / MT5アプリと同様に、チャート表示できて数多くのインジケーターが用意されておりラインも引けます。

そしてMT5のスマホアプリにはなくてXMアプリにはある機能がある!

XMのモバイルアプリのMT5にはない便利な機能

重要なことなので「使い方の説明」の前にいっておきますと、

XMのモバイルアプリでは、

保有ポジションの「ストップロス」と「テイクプロフィット」を設定する際に「推定損益額」を表示してくれることが便利であると感じました。

このことはMT5アプリにはない機能です。

このためだけにこの記事を書いたとさえいえるくらいです。

それと、XMアプリでワンタップモードをオンにすればスマホからワンタップトレードができて即ポジションを保有することもできます。

XMオリジナルのモバイルアプリの使い方

XMアプリをインストールして開きますが、

XMにログインして、会員ページ下の方の「新しいアプリを利用できる」というリンクからインストールページへとべます。

AppleのApp Store、Google Playともに取り扱いがあり、アプリストアで「XM」と検索しても出てきます。

XMTrading – Tradefin』を選択してインストールします。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリを起動

 

 

XMオリジナルのモバイルアプリの使い方としては、

一番下のメニュー「気配値」の「気配値表示」画面からトレードしたい銘柄(通貨ペア)を選んでクリックします。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリの気配値画面で銘柄を選択

 

選びたい銘柄(通貨ペア)が見つからないのなら下のメニュー「銘柄」画面から銘柄を探して追加します。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリの銘柄画面から銘柄を追加する

このへんのことはスマホ版MT5アプリと使い方は同じです。

関連記事:【海外FXのやり方】XMを例に登録からスマホトレードするまでのまとめ

 

銘柄(通貨ペア)をクリックすると、チャートが表示されると同時に「買い」「売り」ボタンから注文画面にとべます。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリの注文画面

 

チャート表示は、スマホを横にすることで「時間足の切り替え」や「各インジケーターを表示」することができます。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリのチャート表示画面でインジケーターを選択

 

 

画面の(右上)にある「財布みたいなアイコン」を押すと、

口座残高、損益、有効証拠金、証拠金維持率などの自身の口座情報がヌッと出てきて確認できます。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリのチャート表示と注文画面

チャート表示されている画面では、さらにその隣の右にある「ギアマーク」を押すと、

ワンタップトレードのオン・オフを切り替えることができます。

初期設定ではオフになっています。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリのワンタップトレードをオン

 

 

下のメニュー「注文」の未決済ポジションから保有ポジションを選択し、

「損益」の項目でストップロス(損切り注文)テイクプロフィット(利益確定注文)を設定することができますが、

それぞれをオンにして価格を入力すると、

ストップロスには推定損失テイクプロフィットには推定利益が表示されるのが便利です。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリの注文内容変更画面ではストップロスの推定損失とテイクプロフィットの推定利益の表示される

 

注文内容の変更は、 注文を変更する  ボタンを押さないと確定されないので、きちんと押すように注意が必要です。

確定されれば、注文内容はXMアプリではないMT5アプリの方でも連動されています。

 

 

保有ポジションの「部分決済」はロット数のバーをスライドさせて調整します。

例えば保有ポジション0.60ロットのうち、半分を利益確定したければバーを半分の0.30までに調整し、

全部を利益確定したければ右いっぱいにして0.60全部を利益確定します。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリの部分決済

 

 

下のメニューの「詳細」からはXMの管理画面の各ページへととびます。

MT4口座はXMアプリではトレードできないので、この機能しか使えないということです。

XMTradingオリジナルのモバイルアプリの詳細のメニューから会員ページへ

管理画面(会員ページ)の詳しい使い方はこちら:XMTrading管理画面の見方と使い方を解説【XMの始め方】

XMアプリとMT5アプリの比較 | どっちがいいか?

トータルで評価すると、トレードは直接MT5アプリからした方がいいです。

使いやすさでもMT5アプリですし、

結論として、

PC版とスマホ版含めて実際のトレードは直接MT5からトレードすることにはなるはず。

 

XMオリジナルのモバイルアプリの評価を簡潔に述べると、

XMのモバイルアプリだけでトレードするのは厳しく、あくまで補助的な使い方ですね。

正直、オリジナルのXMアプリはデザインも悪いです。

それでもストップロスとテイクプロフィットの推定損失と推定利益の金額が表示されることは便利なので、

実際のトレードはMT5でして、XMアプリでしかできないことをこっちで確認するといった使い方になります。

XMアプリがあることによって、スマホからXM管理画面(会員ページ)にもとべますので、よりスマホ一台でXMのトレードがスマートにおこなえるようになったということ。

 

よって、アプリはMT5とXMアプリの併用するのがいい!

スマホのホーム画面にMT5アプリとXMアプリのアイコンを並べておくといいと思います。

XMの口座開設はMT5口座がいい

もう一度述べておくと、XMオリジナルのモバイルアプリでトレードができるのは、

MT5口座だけです。

名前のとおりMT4を進化させたのがMT5なので、

これからXMの新規口座あるいは追加口座を開設する場合には、

MT5口座を選んだ方がいいでしょう。

僕はここ何年もXMのMT5口座でトレードしていますがサーバー障害はまったくありません。

FXトレードはなるべくPC重視にしたほうがいいですが、

それでも出先ではモバイルアプリでもってポジション確認・決済など急な対処ができることは大事なことです。

チャートをみながらリモコン的な使い方でスマホで発注・決済するトレーダーも多いです。

 

XMのMT5口座となれば、PC版MT5、スマホ版MT5アプリはもちろんのこと、WebTraderとしてブラウザからでも、そしてXMアプリからでもトレードできる選択肢が段違いに増えます。

裁量トレーダーならば、

XMの口座開設と追加口座はすべての取引手段が使えるMT5口座をおすすめします。

XMのMT5口座を開設する