FX業者について

【WebTraderの操作方法】海外FXのMT4 / MT5の注文方法を解説

海外FXのほとんどがメタトレーダー(MT4 / MT5)プラットフォームを採用しており、

通常はこのメタトレーダーをPC、スマホにインストールしてトレードすることになります。

このメタトレーダーにはWebTrader(ウェブトレーダー)というものもあり、

アプリをインストールしなくてもどの端末のウェブブラウザからでもトレードすることはできます。

そこで、このページではおもにXMとExnessのWebTraderを例にして、

使い方と注意点、WebTraderは必要か?など、WebTraderについてを解説していきます。

MT4 / MT5のWebTraderについて | そのメリット

WebTraderのメリットとしては、インストールの必要がなく、どの端末からでもログインさえすればトレードができることです。

Google Chrome、iOSのSafari、WindowsのEdgeなど、どのウェブブラウザを使ってもトレードができますし、

PC、Mac、iPadやそのほかのタブレット、AndroidやiPhoneといったスマートフォンなど使う端末(ハードの本体)は問いません。

多種多様な環境でトレードできることがWebTraderの最大のメリットです。

 

基本的にWebTraderに対応しているFX業者であるならば、

WebTraderページのログイン画面に、MT4 / MT5 ID、パスワード、サーバー名称の3つを入力するだけで、ご自身の口座に接続してトレードすることが可能。

じつはPC・スマホアプリも「インストール版」というと大げさにみえるだけで、この3つを使ってログインしているだけです。

SNSと仕組みは同じですね。

WebTraderを使うべきか

基本的にWebTraderは使わないです。

 

PC版とスマホ版のアプリをインストールしておけば、ログイン情報が保存されるので、

通常はインストールしたアプリからのトレードが機能的ですし早いです。

 

それでも、あらゆる端末・ブラウザからログインできるWebTraderを使ってトレードできるということを知っておくだけでも安心です。

例えば普段トレードに使っているPCやスマホが壊れたとき、緊急を要する決済には重宝するはずです。

アプリ内でも複数のアカウントは切り替えることができる

よくある勘違いがあって、

すでにMT4口座をアプリで使っているから、別のブローカーのMT4口座をWebTrader、あるいは違う端末のアプリを使わなければいけないなんてことはないです。

PC版とスマホ版のインストール型のMT4 / MT5のアプリ内のアカウントはワンタッチで切り替えることができます。

MT4 / MT5アプリの「設定」から、

ご自身のローマ字表記の氏名・MT4 / MT5 ID・サーバー名称が表示されている部分をタップすれば、

接続するアカウント口座をそくざに切り替えることが可能。

つまり複数口座を使うためにWebTraderを使う理由にはならないということです。

WebTraderのアクセスから操作方法について

XMTradingのプラットフォーム選択画面

MT4 / MT5のWebTrader対応のブローカーの公式ページにアクセスしてください。

代表的な海外FXブローカーのXMの場合、プラットフォームからMT4かMT5のWebTraderページへとべます。

WebTraderページで、MT4 / MT5 ID、パスワード、サーバー名称(口座開設時にブローカーから届いたメールに記載されています)を入力してログインすれば、すぐにトレードができます。

 

WebTraderのデザイン、操作方法、注文の仕方はPC版とほとんど一緒です。

WebTraderはPCのインストール版の簡易バージョンといった使用感ですね。

ログインしたら「トゥルーン」、接続が切れたら「ボヨーン」という効果音も同じです。

 

WebTraderの不便なところはログアウトしてしまうと設定が保存されているわけではないということです。

ウェブブラウザを開いてログインするたびにチャート表示でさえ銘柄を選びなおす必要があります。

それとWebTraderをしばらく放置しているとアクティブではなくなっています。

 

もちろんポジションはどの端末でログインをしようとも同期されていますので、緊急にポジションを保有したり、決済用として使える程度となります。

WebTraderにログイン

(XMのMT5口座を例に)WebTraderにログイン、注文の手順としては、

会員ページにログインしてプラットフォーム」から「MT5 WebTrader」を選択。

MT5 WebTraderの紹介ページにとんだら、

 MT5 WEBTRADERへアクセス  をクリックします。

 

WebTraderページでMT5 ID」「パスワード」を入力して「対象のサーバー」を選択したら「YES」でログイン。

ログインウィンドウは自動で表示されますが、上部メニューの「ファイル」から「取引口座にログインする」から表示させることもできます。

 

Exnessのウェブターミナル

こちら注目のブローカーExnessではウェブターミナルといういい方をします。

Exnessトップページのツール&サービスの「ウェブターミナル」か、

 

MT4あるいはMT5ページから「ウェブターミナルにサインイン」をクリック。

 

口座番号(ログインID)、パスワードを入力し、サーバー名称、MT4かMT5を選択してログインします。

 

WebTraderの注文方法

なぜか初期の状態では、銘柄一覧からドル円の通貨ペアが見あたらなかったので、

上部メニューのアイコン「銘柄」をクリックして、

WebTraderのメニューの銘柄をクリック

 

表示画面から Forex → Standard → Majors の「USDJPY」を選択して表示させます。

WebTraderでドル円の通貨ペアを表示させる

 

気配値表示の一覧に「USDJPY」が表示されたら、

その銘柄(通貨ペア)を右クリック(Macはパッド両押し)して「新規注文」あるいは「チャート表示」をすることができます。

WebTraderで通貨ペアの新規注文かチャート表示をさせる

 

新規注文画面では、

注文種別の成行注文か指値注文を選択(成行注文は即ポジションを保有する。指値(予約)注文の場合は予約価格も指定する)、

数量、ストップロス(決済逆指値)、テイクプロフィット(決済指値)を指定して、

Sell(売り)Buy(買い)で発注します。

WebTraderの新規注文画面

 

チャート表示では、上部メニュー「挿入」から各インディケーターを表示させることやラインを引くことができます。

WebTraderのチャート表示画面では各インジケーターを使える

 

保有しているポジションの決済は、

画面下のツールボックスの「保有している銘柄(通貨ペア)」を右クリック(Macはパッド両押し)して「決済」を選択することによってできます。

WebTraderの決済方法

 

上部メニューの「オプション」からワンクリック取引免責事項の同意にチェックを入れてオンにすることによって、チャート上にあるボタンからワンクリックでトレードすることもできます

WebTraderのワンクリック取引のオンオフの切り替え

スマホのウェブブラウザの場合

スマホからのWebTraderもPC版と同じデザインです。

スマホのWebTraderの場合、横画面にすると多少使いやすくなるはずです。

WebTrader(MT4 / MT5)ログインの注意点

MT4でMT5口座にはログインできませんし、

逆も同じくMT5でMT4口座にはログインできません。

それぞれMT4かMT5専用のページにアクセスする必要があります。

このことはインストール版のMT4 / MT5でも同様です。

MT4とMT5、それぞれから乗り換えたい場合には追加口座を開設することです。

 

WebTraderの場合、ほかのブローカーのアカウントでもログインはできません。

例えばXMにはXM専用のWebTraderページが用意されていて、

XMTradingのWebTraderページ

 

別のブローカーGEMFOREXにはGEMFOREX専用のWebTraderページが用意されています。

GEMFOREXのWebTraderページ

 

利用するブローカーのWebTraderページをブックマークしておき、

あわせてブラウザでIDとパスワードを保存しておくといいでしょう。

※WebTraderページでブラウザのパスワードの保存機能を使うと、なぜか別のブローカーのログイン情報が選択できることがあるので、複数から該当の保存済みのログイン情報を選択することが可能です。

※ブラウザにIDとパスワードを記録させてもサーバーだけは選択しないといけません。

おまけ:セキュリティーについて

この記事の「おまけ」としてMT4 / MT5のログイン情報のセキュリティーについて触れておきます。

上記のようにIDとパスワードとサーバー名称さえわかってしまえばログインができてしまうので、

WebTraderは公共の場所や見知らぬ人との共有のパソコンからはログインしないほうがいいです。

例えば、ご自身で決めるXMの「パスワード」は、

数字、小文字、大文字を含む複雑なパスワードにし、最低でも8文字の長さのパスワードで設定すること。

推測されやすい単語や単純な文字列のパターンは避けましょう。

XMではパスワードの再設定時のセキュリティを強化できる2段階認証も導入されています。

関連記事:XMTrading管理画面の見方と使い方を解説【XMの始め方】

出金できるのは同じ名義人の銀行口座だけなので、そういう意味では安心ですが。

まとめ:WebTraderの意義

WebTraderを使う機会はあまりありません。

本格的にトレードするのはPC版、利便性はスマホ版のMT4 / MT5アプリからになります。

それでも、PC・スマホのどちらかが動かなくなったり、PCを新調するあいだなど、

WebTraderによって、インストールをしなくてもすぐにトレードはできる!ということは覚えておくべきです

FXトレードは「ボーナスのある信頼できる業者で」

100%の入金ボーナスと
口座開設するだけでもらえる
ボーナスもチェック