Exness

【ボーナスはなくとも】エクスネスのレバレッジ無制限を使った資金移動の戦略

エクスネス(Exness)には、ほかの海外FXブローカーにはないユニークな特徴があり、それがレバレッジ無制限口座の存在です。

このレバレッジ無制限を使えば、含み益を確保したまま資金移動ができるので、別口座に資金を逃したうえで再びポジションを取っていくという戦略ができます。

エクスネスではボーナスの提供はありませんが、この「無制限レバレッジの口座」を活用することによってチャンスの幅が広がり、

少額トレーダーであっても戦略次第で十分に増やしていくことができる。

「資金を逃していく」というプロセスなので、この戦略はボーナス業者を使うことよりも、わりかし安定しやすい手法であるということがポイントです。

今回はエクスネスのレバレッジ無制限口座のトレード実演と、その考え方についてを具体的に書いていきます。

エクスネス公式ページ

エクスネスのレバレッジ無制限とは?

エクスネスの最大レバレッジは2,000倍ですが、

口座開設をしてから、取引条件を満たすことにより口座設定の最大レバレッジ設定から「レバレッジ無制限」を選択できるようになります。

レバレッジ無制限口座の解放条件

  • 最低10ポジションの取引(指値注文のエントリーを除く)
  • 最低5ロット(50万通貨)を決済

 以上をクリアすれば「レバレッジ無制限」の選択が可能となります。

 

くわえて「レバレッジ無制限」を選択できる取引口座は、

  • 口座の有効証拠金が1,000USD(約10万円)未満であること

が条件となります。MT4とMT5口座のどちらにも対応しています。

Exness(エクスネス)の【レバレッジ】を解説 | 無制限の条件とは?Exness(エクスネス)の【レバレッジ】についてを解説します。 Exnessには海外FX屈指の「レバレッジの選択肢」があります。 ...

レバレッジ無制限の口座でどんなことができるのか?

エクスネスはボーナスを提供しているブローカーではありませんが、

この「レバレッジ無制限の口座」を利用することにより、ボーナスを使ったハイレバとはまたちがったやりかたで少額から資金を増やしていくことができるのです。

この記事で実演して説明していきますが、つぎのことは理解しておく必要があります。

レバレッジ無制限口座のメリット

このエクスネスの「レバレッジ無制限」のメリットとしては、超ハイレバができるということではなく

「含み益を残したまま資金の移動ができる」ということにあります。

フルレバをかけてのトレードは資金を溶かすだけなので注意が必要です。この点だけは誤解しないでください。

 

レバレッジ無制限の口座のメリットとしては、

含み益を確保したまま、資金を逃して「移動元 および 移動先の口座」で新規ポジション建てをすることができる ということにあるのです。

エクスネスのレバレッジ無制限をためしてみる

レバレッジ無制限を使える条件をクリアする

まずはエクスネスのレバレッジ無制限解放の取引条件をクリアしたい!…ですが、

ここでも注意点として、条件をクリアしたいがためにムリやりなポジションを取って資金を溶かさないように注意すること。お金を減らしては本末転倒ですから。

ひとついえることがあれば「急がないこと」ですね。

普通にエクスネスでトレードすればいいですし、むりをせずに短い時間で決済をしていくトレーダーのほうが条件に達しやすいです。

最短は0.5ロットのポジションを10回とることですが、この10回のエントリーは成行注文でする必要があります。決済は予約注文でOKです。

取引口座にレバレッジ無制限を設定

エクスネスで取引条件を満たせば、既存の取引口座あるいは追加の新規口座でレバレッジ「1:無制限」を選択できるようになります。

エクスネスの口座設定のレバレッジ無制限を選択

 

レバレッジ無制限の口座でポジションを保有すると「証拠金維持率」の数字のケタがすごいことに。

表示上限のレバレッジ2,100,000,000(21億)倍!ということでこのようになります。

エクスネスのレバレッジ無制限口座の証拠金維持率

レバレッジ無制限口座の有効証拠金が1,000USD(約10万円)以上となると最大レバレッジは2,000倍になります。

無制限に関係なくエクスネスの最大レバレッジは、状況により低くなることもあるので注意は必要です。とくに重大イベント・指標など200倍にまで制限される時間帯があります。

関連記事:Exness(エクスネス)の【レバレッジ制限】かかるタイミングとは?

含み益を得たら資金移動をする

次の画像では、4万6千円ほどの残高でトレードしていたら含み益を得たチャンスがありました。

エクスネスの取引口座で含み益を確保

徐々に含み益が増えてきたので、ここで残高の全部を資金移動してみることにします。

エクスネスの取引口座で含み益が増えてきたので資金移動をする

エクスネスの資金の移動

エクスネスの口座から口座へと資金を移動をする「内部振替」をしますが、

エクスネスの会員ページ(マイアカウント)で2つ以上の取引口座を保有していない場合には追加の新規口座開設をしておきます。

エクスネスの会員ページから追加の新規口座開設をする

 

取引口座のメニューから「内部振替」をクリックして、

エクスネスの会員ページで内部送金をする

送金画面では「送金元」「送金先」口座番号を指定し、

送金する「合計」金額を確認したら「送金ボタン」をクリックしますが、このときSMSでコードが届くので受信したコードを入力する必要があります。

エクスネスの送金画面で受信したコードを入力

残高がゼロの口座で含み益を確保

エクスネス内の口座から口座へと残高の全部を移動完了しました。

そしたら、レバレッジの無制限の移動元の口座では、残高がゼロなのに含み益を保有している状態になっています。

エクスネスの残高がゼロなのに含み益のある口座状況

移動先の口座へ現金部分を逃していますが、もちろん移動先の口座でも新規ポジション建ては可能となります。

エクスネスの資金移動先の口座状況

移動元の「残高がゼロの口座」のほうでポジションを追加してみました。

レバレッジ無制限口座では、残高がゼロのまま含み益だけを証拠金にして追加のポジション建てができてしまうのです。

エクスネスの残高ゼロの口座で追加のポジションを建てる

残高がゼロの口座で、ポジションを追加して利益を増やしていくことができました。

エクスネスの残高ゼロの口座で追加のポジションを建てて利益を伸ばしていく

さらにいうと、エクスネスのレバレッジ無制限口座では「含み益」も資金移動ができてしまいます。

その場合、移動元の口座の「残高」は移動した分マイナス表示となり、含み益の「有効証拠金」から差し引かれます。

 

エクスネスのレバレッジ無制限口座では、資金を逃してしまえば、

ここからはノーリスクで増やしていくことができるのです。

証拠金がゼロのままで含み益をゲット!!

エクスネスの無制限レバレッジを使って資金を増やしていく

もちろん利確をすればそれは現金となりいつでも出金が可能ですし、

これで得た資金を使ってトレードしていき、再び含み益を確保して資金を逃がしながらトレードしていける!

つねに「失う可能性のある少額入金 < 見込める利益」を考えながら口座を分けていくこと。

まさにギャンブルではない戦略的ハイレバトレードです。

エクスネスの無制限レバレッジを使って資金を増やせることに成功

押し目の追加ポジションがうまくいくトレンド相場や、ピラミッティングが得意なトレーダーならチャンスをモノにできるはず!

エクスネスのレバレッジを体験する

エクスネスの無制限レバレッジは海外FXトレードの進化系

ハイレバができてしまう海外FXだからこそ、FXでは資金管理が最重要となると考えています。

ですから慣れていないうちはこのブログでは口座を分けてトレードすることを推奨しているのですが、

エクスネスの無制限レバレッジを使った「含み益を確保したままの資金移動」は、口座を分けて守りながらトレードしていくことの進化系です。

【Exness(エクスネス)の口座開設】登録方法と本人確認についてExness(エクスネス)の【口座開設】をこまかいところまで解説します。 とはいっても登録自体ものの2、3分でおわります。 Exne...

 

「資金を逃しておくこと」がなぜ有利なのかというとハイレバをするにしても、利益分でハイレバトレードをするのと、貯金でハイレバトレードをするのとでは意味がちがってくるからです。

利益分を証拠金にしてトレードできれば積極的にリスクを追うことができます。

貯金でトレードして資金を失ってしまうと悪循環にはまりやすいです。負けを取り戻そうとしてルールがゆるんでくるとFXはあぶない!

FXでは、原資を守りながら利益分を使ってリズムよくトレードしていくことが大事だと考えています。

 

エクスネスにはボーナスはありませんが、

かりにボーナスを使ってひとつの口座でハイレバぎみにトレードをしていると一度の失敗で資金を失いやすい。

そこで資金を逃がしながらたたかえるエクスネスの「レバレッジ無制限」の戦略が有効となるのです。

エクスネスのレバレッジ無制限を活用できればチャンスの幅は広がります。

エクスネスの口座開設をする

FXトレードは「ボーナスのある信頼できる業者で」

100%の入金ボーナスと
口座開設するだけでもらえる
ボーナスもチェック