FXのボーナスについて

海外FXの口座開設ボーナスがデモ口座でトレードするよりも良い理由

FXのデモ口座でトレードするくらいなら、海外FXで口座開設をするだけでもらえるボーナスでトレードしてみたほうが良いということがあります!

デモ口座よりも入金不要のボーナスでトレードしたほうがよい

FXに慣れていないうちからリアル口座でトレードをするべきかは意見が別れるところです。

リスクのない方法としては、海外FXでは口座開設するだけでボーナスをもらえるブローカーがあるので、

デモ口座でトレードをするくらいならば、口座開設ボーナスでリアルトレードをしてみることをおすすめします。

そのメリットはおもに以下の2つ。

ボーナスを使って増やせた利益は現金となる

ボーナスを使って得た利益は現金

ボーナスのみでトレードしても増やせた分は現金となるのです。

少額で練習がてら、あわよくば増やしていくことができるということ!

ボーナスは出金できませんが、増やせた利益は出金できます。

リアル相場を入金不要で試せる

FXのリアル相場イメージ

やはりデモ口座だと、それがデモだとわかってトレードしているので心理的負担はなく、デモでトレードすることにあまり意味はありません。

かといってFXに慣れていないうちから大きなお金を入れるというのも考えもの。

FXは簡単には勝てずに誰もが最初は資金を溶かすことになります。

そこで、ボーナスを使ってリスクなくリアルトレードを体験できることが大きい。

これまで国内FXオンリーのトレーダーであってMT4に慣れていなくても、ボーナスでトレードすることによってすぐに操作は覚えられます。MT4の使い方は意外とシンプル!

口座開設ボーナスのデメリット

口座開設ボーナスでトレードすることのデメリットらしいデメリットといえば、海外FX業者に口座開設する際には個人情報を渡さなくてはいけない(KYCという)ことですね。

このことは、あやしいブローカーを利用しないかぎりは心配いりませんが、個人情報を渡したくないという気持ちは僕にはとてもよくわかります。

ですから、あれもこれも登録するのではなく使うところは信用ある大手ブローカーですね。

使うブローカーはXM | 次にGEMFOREX

では使う海外FX業者(ブローカー)はどこなのかというと、

もう定番は決まっていてXMTrading、あるいはGEMFOREXが有名どころ。

日本人にとっての二大海外FXブローカーです。

ナンバー1とナンバー2。

まずは人気ナンバー1の『XMTrading』からがいいです。

本格的にトレードするにしてもここはずっと使っていけます。

公式サイト XMTrading

 

GEMFOREXについてはXMよりかは信用度は落ちますが、高額なボーナスが目当てならば魅力的なブローカー。

公式サイト GEMFOREX

関連記事:ボーナスキャンペーンが海外FX界随一の「GEMFOREX」

 

はじめての海外FXならば、XMGEMFOREXかの二択という感じではあります。

とくにXMはなじみやすい。

日本でメジャーなブローカーであるならば、何か疑問点やトラブルがあってもネットやSNSで検索かければ情報はでてきます。この理由は大きいです。

 

そのほかのボーナスのある海外FX業者について詳しくはこちら
関連記事:ボーナスのある海外FX業者のまとめ

ボーナスでトレードする際の注意点

ボーナスはあくまでボーナスなので出金はできません。

ボーナスを使って増やせた利益は出金できます。

そして、いくらボーナスだからといってフルレバで一発勝負してしまうとあっけなく終了してしまいます。

0.01ロット単位で調節しながら、少額ロットでFXに慣れていくことを勧めます。

FXは資金管理が一番大事!

これはボーナスだからというはなしではなくて、投資全般にいえることなのですが、

大きく張って溶かして入金して溶かしてといったトレードはしないほうがよいです。

欲張っていきなり大きなトレードはせずに、まずは溶かさないことを目指して最初は少ないロットから慣れていくこと。

そして自信がつけば本格的にFXトレードをしていけばいい。

まとめ:口座開設ボーナスでリスクなしでFXトレードができる

デモ口座を使うことよりも口座開設ボーナスでリスクなしトレード

XMなどの口座開設ボーナスを使えばリスクゼロでリアルトレードをすることができます。

FXは簡単には勝てません。

ある程度は経験が必要です。

トレードに慣れていないうちから大きなお金を入れてしまうと大事なお金を溶かしてしまうので、ボーナスだけで練習して、あわよくば増やしていける機会があることはありがたい。

まずは、XMTradingでボーナスをうまく利用して、少ない資金から経験を積むことが大事です。