FXGT

【FXGTのプロ口座を解説】「PRO口座」と「ECN口座」のスペックとは!?

FXGTに新しい口座タイプの「PRO(プロ)口座」が登場しました。

「PRO口座」と「ECN口座」のプロ仕様の口座を利用することによって低コストのトレードを実現しています。

今回は上級者向けとなる「PRO口座」と「ECN口座」についてと、これら2つの口座の違いを解説していきます。

FXGT公式ページ

FXGTの取引口座の種類

FXGTの口座タイプ

FXGTでは大きく分けて「セント・ミニの初心者用」「スタンダード」「上級者向け」の3段階に分かれており、上級者向けに新たにPRO(プロ)口座が登場しました。

これによりFXGTの口座タイプは6種類に。

上級者用(スプレッドが狭い・ボーナス対象外)

  • PRO
  • ECN

中級者用(標準の口座でボーナスにも対応)

  • スタンダード FX
  • スタンダード+

初心者用(1ロットのサイズが少額)

  • セント
  • ミニ

どの口座タイプがいい?| プロ口座はボーナス対象外

FXGTのPRO口座とECN口座は入金ボーナス非対応

プロ仕様の「PRO口座」と「ECN口座」では入金ボーナスをもらえません。プロモーションは対象外となっています。

やはりFXGTの利点といえば「ボーナス」と「多くの仮想通貨ペアをトレードできること」にあるので、基本として両方を満たせるスタンダード口座+から利用することがいいです。

ボーナスがいらない上級者となれば「PRO口座」か「ECN口座」を検討!

「PRO口座」と「ECN口座」の違い

FXGTのPRO口座とECN口座の仕様
  • PROとECNは入金ボーナスがもらえない
  • 仮想通貨トレードはPROとECNであっても4時間ごとにマイナススワップがとられる
  • どちらも最大レバレッジは1,000倍
  • 取引できるカテゴリと銘柄は同じ

 

PROとECNではおもに「1ロットごとに課される外だしの取引手数料があるか」に違いあり! PROは取引手数料なしです。

ECNは取引手数料がかかるがスプレッドとスワップが低コスト

「PRO口座」と「ECN口座」のスペック詳細

「PRO口座」と「ECN口座」のスペックを「スタンダード+口座」とならべて記載。

スタンダード  PRO   ECN 
1ロットサイズ 100,000 100,000 100,000
取引可能カテゴリ 為替メジャー通貨ペア、為替マイナー通貨ペア、エキゾチック通貨ペア、株価指数、貴金属、エネルギー、株式、仮想通貨、シンセティックペア、GTi12、DeFiトークン、NFT 為替メジャー通貨ペア、為替マイナー通貨ペア、エキゾチック通貨ペア、株価指数、貴金属、エネルギー、株式、仮想通貨、シンセティックペア、GTi12、DeFiトークン、NFT 為替メジャー通貨ペア、為替マイナー通貨ペア、エキゾチック通貨ペア、株価指数、貴金属、エネルギー、株式、仮想通貨、シンセティックペア、GTi12、DeFiトークン、NFT
最小スプレッド 15ポイントから 6ポイントから 0ポイントから
取引手数料 0  0  為替:ロットごと最大6ドル

仮想通貨:ロットごと0.1%

レバレッジ  最大1,000倍 最大1,000倍 最大1,000
最小取引ロット数 0.01 0.01 0.01
最大保有可能ロット数 200 200 200
口座基本通貨 BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, USD, EUR, JPY BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, USD, EUR, JPY BTC, ETH, USDT, ADA, XRP, USD, EUR, JPY
マージンコール 50% 70% 70%
ロスカット 20% 40% 40%
スワップ 発生する 発生する 発生する
最大保有可能ポジション数 100 200 200
最大予約可能注文数 100 200 200
マイナス残高リセット あり あり あり

 

本格トレーダーはプロ口座をおすすめ

PROとECNは上級者向けの取引口座

ボーナスがいらないのならスタンダードより「PRO口座」あるいは「ECN口座」がおすすめとなります。

とくに新しいPRO口座ではスプレッドが狭くて取引手数料なし!

FXGTでは口座タイプにより、為替、ゴールド、仮想通貨と、どのカテゴリであっても取引コストを低くすることができることがポイントです。