FX業者について

【自動売買】MT4プラットフォームのEAの使用方法 | VPSについても

FXでは自動売買として「EA」を使用することができます。

海外FXではおもに取引プラットフォームとしてMT4を採用しているので、このMT4を使って動かすものです。

一見むずかしそうな「EA」を使った取引方法ですが、EAの動かし方自体は簡単です。

ただし、勝てるEAを探すということのほうがむずかしいことなので、あまり消耗しないように注意することが必要です。

今回はFX初心者のための最低限のEAの知識を解説します。

 

このページの内容は、

MT4プラットフォームのEAの取引方法

VPS(バーチャルプライベートサーバー)とはなにか?

海外FXブローカーによってはVPSサービスがあるのでそれについての簡単な説明、

さらにおまけとしてEAについての注意喚起がわかるようになっています。

EA(エキスパートアドバイザー)とは?

EAとはExpert Advisor(エキスパート アドバイザー)の略で、

ひとことでいうとプログラムによって自動売買させることです。

FXでEA」といえば「自動売買」のことをいっています。

 

国内FXで自動売買といえばトラリピやトライオート、サイクル注文といった証券会社が主体でやっているものをさすことがありますが、

MT4 / MT5の導入が進んでいる海外のFXで自動売買といえば、MT4 / MT5といった取引プラットフォーム上で「EA」を使用することをさします。

EAってどうなの?裁量トレードとどっちがいい?

裁量トレードかEAか

では単刀直入に「EAってどうなの?」「裁量トレードとどっちがいい?」についてを考えてみます。

このことは多くの方が気になっていることだと思いますが、とてもむずかしい質問であり、

すべての投資・トレードにはそれぞれのスタイルがありますので、

トレーダーによるとしかいいようがありません。

 

EAを使ったトレードをするにせよ、そのEAの特性をよく知り、相場によって優位性のあるところでのみEAを使用したり、切り替えたりといった工夫が必要になってきます。

 

結論を述べると、聖杯と呼ばれるような「絶対に勝てるEA」なんてないです。

ほったらかしで儲けられるというものではないということ。

 

裁量トレードと同じようにEAはEAで勉強と経験が必要であり、

つまり裁量とEAどちらも大変です(←結論)

 

それでも次項のことは、EAを使うことはなくともFXトレードしているなら知っておいて損はありません。

EAを使用するにしてもしっかりと過去の相場・今の相場でテストされたものを選ぶことです。

MT4 / MT5プラットフォームでEAを使用する

まず、前提知識としてMT4 / MT5とEAの仕様のことですね。

「EA」はMT4 / MT5を閉じると機能しなくなります。

もちろん予約オーダーや保有ポジションはそのままです。

 

自動トレーリングストップ(←含み益に対してストップロスを追いかける機能)もそうなのですが、

MT4 / MT5上で設定させるものはMT4 / MT5のアプリ(ソフト)自体を落としてしまうと機能しなくなってしまいます。

 

それと、EAを使用するうえで確認すべきこととして使うブローカー(FX業者)がEAを使用できるのかを確認することです。

ブローカーがEA(エキスパートアドバイザー)を使用できるか

MT4を取引プラットフォームにしているXMなど、代表的な海外FXブローカーではEAを使用できます。(XMがそのEAと相性がいいかは別として)

 

基本的にはMT4を採用している海外FXブローカーならばEAを使用できる場合がほとんどですが、マイナーな業者を含めるとかならずといいきれない部分もあるので確認することですね。

それを知らずにじつは規約違反になっていたみたいなことがこわいですから。

 

国内FX海外FX問わずに自動売買での発注ができない仕様となっていることもあります。

ちなみに大手国内FXでは独自アプリで取引することが一般的であり、その場合は自動売買自体を認めていません。

海外FXか国内FXかを関係なしに取引アプリがオリジナルの場合、そもそもEA自体使えない場合がほとんどです。

EA(エキスパートアドバイザー)はMT4を閉じると機能しなくなる

EAは常に稼働しているか

保有ポジションと予約注文は、取引プラットフォームからログオフ・閉じた場合でもFX業者のシステムに保存されています。

それがFXであり、入れたオーダーとポジションは相手先のサーバーに届いて保存されているわけです。

それとは違って、トレーリングストップ(←含み益に対してストップロスを自動で追いかける機能)やEAはMT4 / MT5側で機能させるものなので、MT4 / MT5をログオフ・閉じると機能しなくなります。

この違いは理解しておかなくてはなりません。

 

MT4アプリが落ちていたり、パソコンやVPS(←次の項で説明)のWindowsが勝手に再起動していたりすると、意図したとおりのポジションの保有・決済がされていなかったなんてこともあるので、EAであっても完全ほったらかしはできません。

トレード状況はまめに確認することです。

VPS(バーチャルプライベートサーバー)について

サーバーイメージ

本格的にEAを運用するのであれば、EAに最適な取引スピードと24時間オンラインに特化したVPS(バーチャルプライベートサーバーを活用することになります。

本格派のEAトレーダーがVPSを使う理由をひとことでいうと、パソコンの電源をつけっぱにするのは効率がわるすぎるからです。

パソコンは常時稼働することを前提にしていません。

そこで登場するVPSとは、パソコンの中身を外に借りるようなイメージです。

回線速度・品質が良く、24時間安定稼働というメリットから、本番ではVPSでEAを動かすということになります。

たまに趣味程度で気軽にEAを試すという場合にはパソコンでOKですが、長期では電気コストがかかり、パソコンへの高負荷によるフリーズといったトラブルもありますので、

本格的にEAするなら安定環境のVPSということになります。

 

VPSは月額で安くて1,000〜2,000円くらいですが、高スペックなプランを選ぶほど料金も上がります。

一部の最近のVPSサービスではスマホアプリからVPSにアクセスしてEAの停止やメンテナンスもできます。

どこのVPSサービスを使うのか

データセンターイメージ

どこのVPSを使うのかもFXとの相性・性能のよしわるしがあり、

ここでも国内サーバー業者か海外サーバー業者どっち?みたいな選択があります。

 

データセンターがどこにあるか、サーバースペックを重視するか、

あるいは国内のサービスで日本語サポートを受けられることを重視するかなど、

個人によって求める部分はかわってくるのでどこを使うべきかの答えはここでもありません

FX業者によってはVPSサービスを提供している

XMTradingのVPSサービス

FXブローカーによっては(提携している)VPSサービスを提供していることがあります。

例として、

XM(XMTrading)はVPSサービスを提供していて、条件を満たしていれば無料で利用することができます。

その条件とは、

最低5,000ドルの金額(ボーナスは除く・複数口座は合算して判定)を保有し、月に最低5(50万通貨)往復ロットの取引がある場合に、

会員ページからいつでも無料のMT4 / MT5 VPSを申し込めます。

 

これらの条件を満たさない場合であっても、手数料月額28ドルを支払うことによって申し込めます。

この手数料はXMの取引口座から毎月1日に自動的に引き落とされます。

XM公式ページ参照

申し込み方法は、対象のアカウント口座でXMにログインしてメニューからVPSをリクエストします。

※XMのVPSサービスは、VPS提供社のスペックごとのコースを選べません。

XMTradingのVPSの接続方法

使うVPSは選べますが、XMにはこのようなサービスもあるということです。

そのブローカーにあったトレードスタイルを使うこと

同一のEAであってもそのEAのパフォーマンスは使うブローカーによってかわってきます。

スプレッド、最大レバレッジ、チャート表示、約定レート・スピードなどはブローカーによって違うからです。

もちろん出金できなければ意味がないので、ブローカーとしての信頼性など、スペックとして数値化できない定性的な部分も判断にくわえる必要があります。

 

XMは比較的、通貨ペア、ゴールド、US30含めてスイングに向いているブローカーであると考えています。

関連記事:XMのデメリットは「スプレッドが広い」こと!?どうするべきか!?

 

スキャルピング用のブローカーとしてはスプレッドが狭いブローカー、例えばTradeview、TTCM、Axioryが定番となっています。

 

どこのFXブローカーも一長一短がありEAを使うとなるととくに判断はむずかしくなります。

MT4にEAを追加して取引する方法

現在、EAの標準ともいえるMT4プラットフォームでEAを追加して取引する方法です。

MT5にしても同じです(下記で選択するファイル名は「MQL5」となる)。

EA(エキスパートアドバイザー)の追加方法

EAを追加するにはMT4を起動し、上部ウィンドウメニュー(一番左上)にある「ファイル」をクリック。

ドロップダウンメニューから「データフォルダを開く」をクリック。

開いたデータフォルダのなかの「MQL4」をクリック → そのなかの「Experts」をクリックして、

EAは「Experts」フォルダに追加します。

EAファイル(拡張子「.mq4」あるいは「.ex4」のファイル)を「Experts」フォルダ内に貼り付けてから、

MT4を再起動させます。

 

基本的に以上の手順となりますが、EAによってほかのフォルダにもファイルを置く場合もあるので、EA提供元の説明をよく確認することです。

自動インストール機能をそなえているものもあります。

EA(エキスパートアドバイザー)の取引方法

ウィンドウメニューの「表示」→「ナビゲータ」を表示して、

メタトレーダーのメニューの表示からナビゲータを選択

 

ナビゲータウィンドウ内にある「エキスパートアドバイザー(EA)」から対象のEAを選択して、適用させたいチャート上にドラッグします。

右クリックからチャートに追加、EAの削除もできます。

メタトレーダーのメニューの表示からナビゲータのEAを選択

 

EAがチャートに適用されるとき、EAウィンドウが開くのでパラメーターを確認したら「OK」で準備は完了。

次項のことを確認します。

貼り付けたEAが取引しない場合に確認すること

  • ウィンドウメニューの「ツール」→「オプション」→「エキスパートアドバイザー」タブ → 自動売買を許可するをチェック、「OK」をクリックして自動売買が許可されているのかを確認。
  • メインツールバーの「自動売買」をクリックしてオンになっているのかを確認。
  • チャート右上のEA名の横にスマイルマークが表示されているとEAが有効になっていることを示しています。

停止するときもメインツールバーの「自動売買」をクリックすると停止されます。

EAを停止したときに保有ポジションがあるとそのまま残ってしまいますので要確認。

 

MT5でのEA取引も同様に、
ウィンドウメニューの「ツール」 → 「オプション」 → 「エキスパートアドバイザ」タブ → 「アルゴリズム取引を許可」をチェックして取引が許可されているかを確認し、メインツールバーの「アルゴリズム取引」をクリックします。

 

それでもEAが取引しない場合にはターミナルウィンドウのエキスパートタブからログファイルを参照してどのようなエラーが発生しているのかがわかります。

EAの購入先やブローカーにサポートサービスが設けられている場合には問い合わせてみてもいいでしょう。

さいごに:悪質なEAにだまされないこと

悪質ツールに騙されないこと

悪質なEAや詐欺ツールにだまされないでください。

株式・為替の世界では今やシステムトレードはあたりまえの時代となっていますし、EAといったプログラム売買も前衛的な投資手法であることはたしかなところではありますが、

一部EA界隈では悪質なEAも多くでまわっていて、かならずしもクリーンな業界ではないのです。

とくにTwitterのDMやクローズドな場所での勧誘には注意してください。

 

私は裁量メインのトレーダーですが、使い方次第でEAはありだと考えています。

EAで勝てているトレーダーも実際にいます。

ただし、そのようなトレーダーは知識と経験がともなっており検証や切り替えができているトレーダーです。

健康麻雀のように勉強しながら健全にEAを使用することが大事であると考えています。

 

EAの世界は諸刃のつるぎです。

お金もかければいいというわけではありません。

 

そして、冒頭にもいったように

(いつでも)絶対に勝てるEAなんてないです。

ほったらかしで誰でも簡単に勝てるEAなんて存在しません。

FXトレードは「ボーナスのある信頼できる業者で」

100%の入金ボーナスと
口座開設するだけでもらえる
ボーナスもチェック