Exness

【最速】Exness(エクスネス)の出金方法 | 一瞬で受理完了!

Exness(エクスネス)からの【出金についてを詳しくレビュー・解説していきます。

とはいってもログイン会員ページの「出金」ボタンからリクエストするだけなのでどこの証券会社よりも簡単です。

Exnessの入出金は銀行送金、カード、Eウォレット(Bitwallet、STICPAY)、ビットコイン、ステーブルコイン(USDT、USDC)に対応しています。

注目すべきことは、

ExnessのEウォレットの出金は、最後の出金確認ボタンを押した瞬間にBitwallet(ビットウォレット)に着金するということです!

このページではExnessのBitwalletを用いた出金方法、ほかの入出金方法について、そのほか気になるところも書いていきます。

エクスネス公式:https://www.exness.com

Exness(エクスネス)の入出金について

Exnessの出金

Exnessの会員ページはシンプルなので「出金」したい取引口座を指定して出金ボタンを押すだけなので、むずかしい作業はいりません。

 

これが海外FXの銀行送金となると、銀行情報を入力するのに少し手間がかかってしまうので、一応、海外FXの銀行出金の記事もここにおいておきます。

入金・出金ともに銀行送金にも対応

Exnessの入出金一覧

追記:Exnessの「出金」に銀行送金も対応しました。出金の一覧に「Online bank transfer」が表示されています。

XMTrading、GEMFOREX、Axiory、Titan FXなど、近年メジャーどころの海外FXブローカーが入金・出金ともに「国内銀行送金」に対応していることから、これからExnessにおいても出金手段が増えていくことを期待します。

出金に銀行送金が対応していなかったことがExnessの数少ないデメリットといえましたがそれは解消されました。以前であってもBitwalletをはじめとしたオンラインウォレット(←Eウォレット・電子財布ともいう)で即時出金だったので問題ありませんでしたが。

【Exnessの入金方法】銀行・カード・Bitwallet・ビットコイン入金についてExnessの【入金】について解説します。 現在、Exnessでは銀行振込、カード入金、Bitwallet、STICPAY、ビット...

クレジットカードによる入出金に注意

クレジットカードによる入金はほとんどのカードブランドではじかれてしまいます。

使えるカードが一部あっても使えなくなっていくのは時間の問題で、この制限が緩くなることはないと考えています。

このことは海外FXだけではなく、最近では金融サービス全般に対してクレジットカードを使った決済が警戒されているということです。

よりによってJCBブランドは厳しく規制されている傾向はあります。

 

そしてカード入金をしていた場合、その全額が返金処理されるまではほかの経路で出金することができないという海外FXの「出金ルール」も覚えておく必要があります。

カードによって返金タイミングがバラバラになることにも注意です。短期トレーダーで日ごとに入出金を繰り返すようなカードの使い方にはとくに注意が必要です。

カード入金はクレジットカードを手に持って自身の写真を撮る「セルフィー」、場合によっては動画の提出が求められるFXブローカーも増えてきていますが、現在Exnessではセルフィー提出はありません。今後、変更の可能性はあります。

 

海外FXのオンラインウォレットによる出金も一度、その手段で入金している必要があります。

同様にビットコインもビットコイン入金をしてから、はじめてビットコインで出金が可能となります。

銀行以外は基本として入金実績が必要です。

決済システムの優先順位

複数の方法で入金していた場合、出金には優先順位のルールがあります。

最初にクレジットカードの返金、次にビットコインの返金、最後にその他の出金となります。

このことは一つの取引口座からではなく、アカウント全体に基づくので、どの取引口座からでも適用されます。

Exnessの入出金はオンラインウォレットとなる

2021年8月より入金方法に銀行振込が追加されました。

Exnessの入金方法の一覧(1回における上限額、決済までにかかる時間、手数料について

Exnessの入金方法の一覧

※Bitwalletの1度における制限は22,500 USDにまで緩和されました。

※Offline bank transferは30,000 USDにまで緩和されました。

 

銀行の出金は対応しましたが、カード入金の規制は厳しくなっていますので、

ほぼほぼ入出金手段としては即時出金できる『Bitwallet(ビットウォレット)』を中心としたオンラインウォレットで、ということになります。

ビットコイン入金・出金にも対応しています。

Exnessにビットコイン入金するとき、マイページにビットコインウォレットがつくられ、そこから取引口座に振替してからのトレードとなります。

出金についてはExnessのビットコインウォレットに入金してからはじめてビットコインで出金が可能となり、

ビットコインの出金は、入金分の返金とそれを超える利益分の2件に分かれて取引表示されます。

 

仮想通貨投資をやっているならばUSDT(ドルテザー)を使いたいところですが、ExnessのUSDTのネットワークは、OMNIのみ対応で使いづらいです。じきに主流であるERC20に対応予定とのことです。

→ ERC20に対応しました(追記:2022年2月17日)

OMNIは使えなくなりましたので、ERC20のイーサリアムのブロックチェーンネットワークからUSDTを入金するように気をつけてください。

 

現状は「Bitwallet」による入出金が使いやすく「Bitwalletへの出金」は最速です。

Exness(エクスネス)からの出金方法

Exnessにログインしてメインメニューの「出金」、あるいはマイアカウントの本取引口座ごとの「出金」をクリック(タップ)して、

出金手段を選択します。過去に利用した場合「最近使用した決済方法」も表示されています。

Exnessの出金方法一覧

出金方法はかならずしも自由に選べるというわけではなく入金した手段と一致させなければならないことに注意。

Exnessの出金画面

 

出金元となる「口座」を確認して「出金額」を入力して  続ける   確定  をクリック。

決済方法:Bitwallet

  • 通貨:JPY
  • 出金元となる口座(MT4/MT5口座番号)を選択
  • 「出金額(JPY)」を入力

 

Exnessからe-mailあるいは電話番号認証をした番号にSMS(ショートメール)が届くので、そのメールに記載された2段階認証コードを入力して出金を「確定」します。(コードの有効時間は1分です。再送できます。)

SMSで届いたコードを入力

 

次にご自身のBitwalletアカウントのメールアドレスを入力します。

Bitwalletアカウントのメールアドレスを入力

 

「確認」ボタンを押したあとにすぐにBitwalletから入金受理完了メールが届くはずです。

Exnessの出金手続きの完了

「履歴を表示」に推移すると処理状況(処理中→完了)を確認することもできます。

Exnessの出金完了

実際、私が何度もExnessから出金したとき、どれもBitwallet側の入金受理完了まで30秒もかかっていません。

Bitwalletによる入金受理完了

送金手数料は無料です。

Exnessの出金はBitwalletが最速 | 気になるところ

最終的な銀行口座への出金を考えても手数料を一番安くできるのがBitwalletなので、

現状はExnessの入出金はBitwalletの一択という感じです。

一度におけるExnessからBitwalletへの出金は5,000ドル(約50万円と少し)までなので、それ以上の出金は複数回に分ける必要があります。

一度におけるビットウォレットの入出金上限が22,500ドルに緩和されました。

同様に、一度におけるBitwalletから国内銀行への出金も50万円が上限なので、それ以上の出金は複数回に分けて出金する必要があります。

Exnessの出金で気になるところ

銀行送金が対応していないことでしたが対応しました。

ほかにしいていうならば、Exnessのオリジナルスマホアプリは画面の口座資金の反映が遅かったことがあるのでオリジナルアプリからのマイページの閲覧はいまだおすすめできないかもしれません。ブラウザのマイページとMT4 / MT5は即時の反映です。

このへんに関しては改善をもとめたいところです。

出金拒否は起きない?

Exnessはボーナスを提供しているブローカーではないので、ほかの海外FX業者と比べても規約違反に抵触してしまう可能性はかぎりなく低いです。

Exnessグループのブローカー規模と透明性、顧客取引量は世界でトップレベル。

 

もし問題があるならシステムエラーかExnessとは関係のない決済業者側のトラブルを疑います。

クレジットカード入金をしていた場合、その入金分の全額が返金処理されないかぎり別の手段で出金できないので優先順位は確認するようにしましょう。

 

以前、まれに口座間の資金移動のときにエラーがでたことがあり、その場合はもう一度申請すると承認されました。

エラーがでた場合にはサポートに問い合わせるか、時間をおいてみることですね。土日にはサイトメンテナンスが入る可能性もあります。

マイページで出金の「操作履歴」の横にある(?)ボタンからエラーの理由が表示されます。

現在はマイページの「取引履歴」から確認できます。

なかなか資金移動と出金が「承認済」とならない場合や少しでも疑問点があればExnessのカスタマーサポート(公式ページのメールかチャット)に問い合わせてみましょう。返信まで気をもんでしまうことがありますがサポートは土日に休業があります。

Exnessの「出金」についてのまとめ

まとめとしては、

「Exness」と「Bitwallet」はセットで開設しておこう!ということです。

(どちらも法人アカウントも開設できるので上級者まで使える! Exnessの法人口座開設は一定の期間の取引実績が必要です。)

 

Exnessからの出金は、確認ボタンを押した瞬間にBitwalletから入金受理完了メールが届きます!

ほかに国内銀行送金、ビットコインの入出金はもちろん、Exnessではステーブルコイン(USDT、USDC)の入出金にも対応してきました。

今後もさらに良くなることを期待している次第です。

Exnessではスキャルピング、デイトレード、スイングトレード、そしてEAと、すべてのトレードスタイルを公式に認めていて、それぞれに適した豊富な口座タイプも用意されています。

ゼロカットでマイナス残高もきちんとリセットされます。

Exnessのマイナス残高リセット

 

そしてExnessからの出金は最速です!

Exnessの出金は即承認

 

エクスネス公式ページ:https://www.exness.com