Exness

【スワップフリー】Exnessのスワップフリーレベルを解説「対象の通貨ペアの一覧」

今一番勢いのある海外FXブローカー「Exness(エクスネス)」

Exness独自の特徴のひとつとしてスワップフリーがあります。

スワップフリー(スワップなし!)というのは、ポジションを日をまたいで持ち越したとしてもマイナススワップが取られないということに。

仮想通貨ペア、株価指数のトレードは最初からスワップフリーとなっているので、ほかのFX業者にはないExnessだけのメリットを活かしたトレード戦略が立てられる!

このページでは、Exnessの「スワップフリー」および「スワップフリーレベル」と「対象の通貨ペア」について詳しく解説します!

FXの「スワップ」とは?

FXのスワップイメージ

おさらいとして「スワップ」とは、日をまたいだ保有ポジションに対して手数料が差し引かれるというもの。

金利差の調整のために通常どこのFX業者でもこの手数料は発生します。

FX業者によって通貨ペアごとに独自のスワップが定められ、スワップはプラスにもマイナスにもなり、

週末の埋め合わせとして水曜には3倍のスワップが適用されます(エネルギー銘柄は金曜に3倍スワップといった例外あり)。

スワップの確認は「MT4 / MT5」の保有ポジションごとの詳細にスワップ累計額が表示されています。

Exnessでは平日の「22:00 GMT+0(これに9時間を足せば日本時間となり、つまり日本時間の朝7時)」にスワップが発生します。

Exness(エクスネス)の「スワップフリー」

Exnessのスワップフリーイメージ

Exnessでは金融商品(通貨ペア)によってスワップが発生するものとしないものがありますが、

うれしいことにビットコインをはじめとした全仮想通貨ペア、全インデックス(株価指数)、XAUUSD(ゴールドとUSドルのペア)は最初から「スワップなし」です。

Exnessの最初から「スワップなし」となるカテゴリ

  • 仮想通貨
  • インデックス
  • 株式
  • XAUUSD

Exnessにはスワップフリーレベルがあり、一定の取引量を満たせば「スワップなし」となる金融商品(通貨ペア)が増えることになります。

スワップフリーとして増えるのは「メジャー通貨ペア」と「USオイル」となっています。

「スワップフリーレベル」を確認

Exnessのマイページにログインして「設定」「スワップフリーレベル」から確認できます。

Exnessのスワップフリーレベル

スワップフリーレベルには「スタンダード」「拡張」があり、

「スタンダード」からはじまって必要な取引量を満たすとスワップフリーレベルが「拡張」に自動的に変更されます。

「拡張」になるハードルは高くないです。このサービスがはじまって私はすぐに気づいたときに「拡張」になっていました。

それとは逆に、まったく別の特典であるExnessのプレミア会員になるにはそれなりの取引量が必要になると感じています。

「スワップフリーレベル」の変更

スワップフリーレベルは、一定の取引量を満たすと「スタンダード」から「拡張」に自動的にアップしますが、取引量が減少すると「スタンダード」に自動的にダウンします。

スワップフリーレベルを維持するにはExnessで一定量トレードをしている必要がありますが、そのカウントは拡張によってスワップフリーとなった通貨ペアでおもに当日に決済されたものとなっているようです。(デイトレードすることによってスワップフリーレベルが維持されるので少々矛盾してますが)

「スワップフリー」対象口座

Exnessのスワップフリー対応口座

スワップフリーが利用できる口座タイプはスタンダード、スタンダードセント、ロースプレッド、プロ、ゼロ。つまり全部に対応しています。

※金利がつく口座とつかない口座の有無は「居住国」によって異なります

ドル円が「スワップフリー」となるのは「拡張」から

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、オージードルなどの為替のメジャー通貨ペアが「スワップなし」でトレードできるようになるのはスワップフリーレベル「拡張」からです。

スワップフリーレベルが「スタンダード」であれば、ドル円を含むメジャー通貨ペアはロング / ショートともにスワップが発生します。

主要通貨ペアの取引条件について詳しくはこちら:Exnessの手数料・スプレッド比較 | ほかのFX業者と比べてどうか!?

「スワップフリー」と相性のいいトレーダーは?

Exnessのスワップフリーと相性のいいトレーダー

当然といえばそうなのですが日を持ち越す「スイングトレーダー」が一番恩恵を受けることになります。

とりわけビットコインのレバレッジ取引はどこの取引所であれ数時間ごとに資金調達手数料が差し引かれてしまうわけですが、Exnessではそれが「0」になると考えるとこのメリットは大きい。

 

 株価指数(インデックス)を低レバでトレードするスイングトレーダーにもとくに向いていますね。

 

 豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどメジャー通貨ではあるものの、このような資源国の通貨に不利なスワップが課されているFXブローカーは多いです。Exnessではスワップフリーレベル「拡張」からメジャー通貨ペア全般がスワップなしになります。

Exnessでは「仮想通貨」と「株価指数」は最初からスワップなしです!

スワップフリー対象「通貨ペア」の一覧

Exnessのスワップフリーの仕組み

 スタンダードスワップフリーレベル 

  • XAUUSD
  • インデックス(指数)
  • 仮想通貨
  • 株式

 拡張スワップフリーレベル  

「スタンダードスワップフリーレベル」の金融商品にくわえて

  • AUDNZD
  • AUDUSD
  • EURCHF
  • EURUSD
  • GBPJPY
  • GBPUSD
  • NZDUSD
  • USDCAD
  • USDCHF
  • USDJPY
  • USOIL
  • AUDCHF
  • AUDJPY
  • EURAUD
  • EURCAD
  • EURGBP
  • EURJPY
  • EURNZD
  • GBPCHF
  • GBPNZD
  • NZDJPY
  • NZDCAD

Exnessでは上記以外のすべてのメタル、マイナーペア、エキゾチックペア、UKOILにスワップフリーレベルに関係なくスワップが発生します。

Exnessの「スワップフリー」を活かして有利なトレード戦略を立てよう

エクスネスのスワップフリーまとめ
  • ゴールド(XAUUSD)、仮想通貨、インデックス、株式は最初からスワップフリー
  • スワップフリーレベルは「スタンダード」と「拡張」の2段階
  • 「拡張」になればメジャー通貨ペアがスワップフリーとなる
  • とくにビットコインFXでマイナスのスワップがとられないことには注目!

トレーダーに人気のあるゴールド(XAUUSD)とビットコインFXは最初から「スワップなし」のトレードができます!

株価指数をトレードするトレーダーにもスワップフリーは有利となります。CFDのスイングトレードはレバレッジをかけすぎないことがキモとなりますね。

Exnessの独自の特徴としてほかに「無制限レバレッジ」「豊富な仮想通貨ペアをMT5でトレードできること」があり、Exnessだけでしかできないことは多いのでぜひ活用していきましょう!

【ボーナスはなくとも】エクスネスのレバレッジ無制限を使った資金移動の戦略エクスネス(Exness)には、ほかの海外FXブローカーにはないユニークな特徴があり、それが【レバレッジ無制限】口座の存在です。 この...
【Exness(エクスネス)の仮想通貨】ビットコインFXについてのすべてExness(エクスネス)ではビットコインをはじめとした【仮想通貨】ペアの取り扱いがあります。 今回はExnessの仮想通貨ペアと...