Exness

Exnessの「スタンダード口座」を解説(ついでにスタンダードセント口座についても)

Exness(エクスネス)の【スタンダード口座について解説します。

「スタンダード」は初期口座であって、Exnessでは誰もが最初にトレードする口座タイプとなります。

多くのトレーダー向けとなるExnessの「スタンダード」、くわえて新たに開設できるようになった少額ロット用の「スタンダードセント」のスペックとは?

Exnessのスタンダード口座

Exnessの口座タイプには「スタンダード口座」と上級者用の「プロ口座」があり、

一番人気かつ、すべてのトレーダーに適した口座がスタンダードです。

「スタンダード口座」

  • スタンダード(基本となる口座タイプ)
  • スタンダードセント

 

「プロ口座」

  • ロースプレッド
  • ゼロ
  • プロ

3種類の「プロ口座」について詳しくはこちら

【Exnessのプロ口座】3種類の上位口座を解説 | 利用条件は1,000ドルの入金Exness(エクスネス)の【3種類のプロ口座】について解説します。 Exnessにはスタンダード口座のほかに上級者向けのプロ口座...

 

Exnessのスタンダード口座には「スタンダード」のほかに少額ロット用の口座として「スタンダードセント」があります。

通貨ペア名のあとにスタンダードは「m」、スタンダードセントには「c」がつきます。

例:USDJPYm、USDJPYc

スタンダードセントでは取引できる金融商品の数が減り、仮想通貨もトレードできません!

スタンダード口座のスペック

スタンダード口座は「スタンダード」「スタンダードセント」の2種類

  • どちらも利用条件はなし(対してプロ口座は初回入金1,000ドルが必要)
  • 外出しの取引手数料なし(ロースプレッドとゼロに手数料はかかる)

【スタンダード】

  • 「利用条件なし」
  • スプレッドは「0.3から」
  • 「手数料なし」
  • 最大レバレッジは「無制限から」
  • 取引できる金融商品は「外国為替、貴金属、エネルギー、株式、インデックス、仮想通貨」
  • 最小ロットサイズ「0.01」
  • 最大ロットサイズ「200(一部時間帯を除く)」
  • マージンコール「60%」
  • ストップアウト「0%」
  • 約定方式は「成行約定」
  • 「スワップフリーの利用可能」
  • 「MT4とMT5に対応」

【スタンダードセント】

  • 「利用条件なし」
  • スプレッド「0.3から」
  • 「手数料なし」
  • 最大レバレッジは「無制限から」
  • 取引できる金融商品は「外国為替、貴金属」
  • 最小ロットサイズ「0.01」
  • 最大ロットサイズ「200(一部時間帯を除く)」
  • 最大ポジション数「1000」
  • マージンコール「60%」
  • ストップアウト「0%」
  • 約定方式は「成行約定」
  • 「スワップフリーの利用可能」
  • 「MT4口座のみ」
  • デモ口座利用不可

「スタンダードセント」について

スタンダードセントは1ロットが1,000通貨となり、練習や検証用に適した取引口座となっています。

スタンダードセントでは「0.01ロット」として最小「10ドル」のポジションから保有できることに。

このような口座タイプをほかの海外FXではマイクロ口座と呼ばれたりしますね。

ただし通貨単位がセントとなり口座残高もセントで表示されます。5ドルを入金した場合、残高には5ドルではなく500セントと表示されます。

  • 「スタンダードセント」のロットは「スタンダード」の100分の1の取引サイズとなる
  • MT4口座のみの対応

スタンダードセントで取引できるのは「メジャー通貨ペア」と「金(XAUUSDc)」と「銀(XAGUSDc)」(だけ)となります。

「スタンダード」に向いているトレーダー

はじめての口座はスタンダードで、そのままスタンダードを使い続けているトレーダーは多いです。

スタンダードセントは正直選ぶ必要はないですね。

MT4口座のみとなってしまいますし、スタンダードセントでは取引できる通貨ペアとカテゴリーが極端に減ります。XAUUSDc(ゴールドとUSドルのペア)は取引できます。

(普通の)スタンダードであれば全カテゴリの通貨ペアを取引できて、1,000通貨(0.01ロット)からポジションを取ることは可能。

少額トレーダー向けに

1,000ドル未満の入金となるトレーダーはスタンダードとなりますし、

現在ドル円のレートが上がりプロ口座の利用条件のハードルが上がってきています。

「FXは少額から」という基本を考えるとスタンダード口座でも問題はないです。

 

取引口座を複数に分けるトレーダーとなると、ひとつの口座資金は少なくなるはずで「スタンダード」で分けていく戦略になっていくと思います。

口座ニックネームを「STANDARD A」「STANDARD B」などにして資金移動をしていくこともあり。

無制限レバレッジを積極的に活用できる

少ないからこそできる戦略を意識する!

【ボーナスはなくとも】エクスネスのレバレッジ無制限を使った資金移動の戦略エクスネス(Exness)には、ほかの海外FXブローカーにはないユニークな特徴があり、それが【レバレッジ無制限】口座の存在です。 この...

資金量が増えてきたらプロ口座に

いずれプロ口座の利用条件を満たせるくらいに残高が増えてくれば一度出金をして、のちにプロ口座でまとまった資金でトレードしていくことがいいと考えています。

プロ口座の利用条件は初回入金1,000ドルから。

Exnessはボーナスを提供しているFXブローカーではないので、まとまった資金があるならばスタンダード口座だけを使い続ける理由は薄いですね。

最初のトレードは「スタンダード」からとなる

最初は「スタンダード」でOK! スタンダードは万人向けの取引口座となります。

目安として口座資金1,000ドルくらい(10万円と少し)までならスタンダード。

少額であってもレバレッジの幅が広がり「資金移動していく戦略」を積極的に使えます。

もちろんスタンダードで仮想通貨トレードもできます。

入金額に応じてプロ口座と使い分ければよし!