Exness

【Exnessの評判】エクスネスの総評はいかに!?そのほかQ&A・使い方など

Exness(エクスネス)が国内に進出して1年以上が経過しました。

そこで僕自身、Exnessでトレードし続けてきた感想と、

SNSのほかの方の評判も含めて、Exnessを「総評」としてまとめていきたいと思います。

Exness(エクスネス)の評判は良好!

Exnessのネット上の口コミ

Twitterの海外FXトレーダーの投稿ではExnessについての言及が増えてきており、

ここ1年のあいだにExness利用者は多く増えている印象があります。

とりわけ「ボーナスのない海外FX業者のなかでは」Exnessに対してのカキコミが圧倒的に多い。

 

海外FXのクチコミサイト「FPA(フォレックス・ピース・アーミー)」でもTwitter同様にトレーダーの英語レビューを見ることができます。

(ただしFPAはページ上位に表示されているブローカーは広告であることに注意は必要です。)

FPAにおいても、Exnessは老舗のXM、ICマーケット、HotForexなどとならんでレビュー件数が多いです。

これによりブローカー規模は大きいこと・ユーザーが世界的に多いことがうかがえます。

 

ネット上での感じ方は人それぞれなので、

ブローカーのよしわるしは、FXになにを求めるのかということと、結局トレードスタイルによってだと考えています。

あくまでSNS・レビューサイトは参考程度にですね。

たとえば海外FXにボーナスを求めるトレーダーは多いと思うのですが、Exnessにはボーナスはありません。

それでもひとついえることがあれば、Exnessは決して間違った選択にはならないということ。

 

ネット上でいわれているエクスネスのメリット・デメリットは僕が思っていることと同じであることが多いです。このことは後述します。

ひとまずの結論:ボーナス業者ではないのに評判はおおむね良い!

Exness(エクスネス)について

Exnessのセーシェルライセンス

Exnessは一度、国内から撤退した過去がありますが、今回はセーシェルライセンスということで撤退する可能性は低いのではないかと思われます。国内ユーザーの獲得次第ではありますが。

セーシェルライセンスということはXMと同じとなります。

仮想通貨取引で最大の取引量をほこるBINANCEもセーシェルにあるとされています。

つまり現在、世界的に大きなブローカーが海外向けにセーシェルライセンスということは、それが事情がいいということなのでしょう。

 

Exnessグループのライセンスは、ほかにキプロス、英国FCAなど。サポートオフィスはマレーシアなど拠点は複数。

Exnessの日本語読みは「エクスネス」と「エックスネス」のどちらが正しいかの諸説ありますが、どっちでもいいと思います。

検索・カキコミなどのネット上の表記では「エクスネス」のほうが多いです。

Exness(エクスネス)のメリット・デメリット

先にデメリットを上げます。デメリットとして「ボーナスがない」ということはのぞきます。

銀行送金に対応していない

Exnessの入出金一覧

まず、Exnessの最大のデメリットだと思うことが、

入出金に銀行送金が使えないということです。

 

日本で人気のメジャーどころの海外FX業者、たとえばXM、GEMFOREX、iFOREX、Axiory、Titan FXは銀行送金に対応しています。

このへんのブローカーに食い込んでいくためには銀行が使えるということが課題になってくると考えています。

 

Exnessの入出金はオンラインウォレット「Bitwallet」を使っていくことがベターであると思いますが、この問題点として、ほかの海外FXから資金移動をする人でないと使いにくいということがあります。

そうでないと、わざわざ銀行口座からBitwalletに入金しなければなりません。

よって、Exnessでは銀行送金が直接使えないことが大きなデメリットだと考えています。

レバレッジ制限について

ほかにこまかい気になる点として、

時間帯によってレバレッジ制限がかかることがあるということ。

Exnessのレバレッジ制限について詳しくはこちら:Exness(エクスネス)の【レバレッジ制限】かかるタイミングとは?

実績づくり・これからのユーザー獲得

近年、新興ブローカーが多く進出してきていることもあり、FX業界はかなり競争が激化しています。

採算が取れなくて撤退していくブローカーも多くなると予想されます。

Exnessくらいの規模となってくるとその可能性は低いですが、日本に再上陸して間もないので国内の実績をつくっていく段階であるということですね。XM、iFOREXが20年近くの歴史を誇っているので比べてしまうとまだまだです。

Exness(エクスネス)のメリット

次に、Exnessのメリットについてはこのページでは書ききれないので詳しくはこちらで。

 

ここではExnessの利点のひとつとしてCFD取引が有利ということを上げておきます(ドル円といったメジャー通貨の取引は各社そこまで差はでにくい)。

 

Exnessの仮想通貨・株式インデックス・ゴールドはスワップフリーです。

とくにビットコインはポジションを保有するとマイナスの金利が取られてしまうFX業者は多いのですが、Exnessではどれだけ日をまたごうともそれが「0」になります。

あとは仮想通貨ペアに関してはスプレッドがもっと狭ければという意見は多いですね。

 

銘柄数も豊富で、BTCXAUという「ビットコインとゴールドのペア」を取り扱っているのも僕が知るかぎりではExnessだけです。

 

ゴールドについては取引しやすいブローカーであるといえます。

関連記事:【CFD・原油・ゴールド】海外FXではどうか?知らなくてはいけないこと

 

ポジション保有中にいつでも資金移動ができるということに関しても海外FX界随一ですね。資金移動と出金は瞬時に処理されます。

Exness(エクスネス)のQ&A

Exnessのキューアンドエー

Exnessで気になるであろうポイントをQ&Aにしてみました。

口座タイプはどれがいい?

口座タイプが多くてわかりにくいということもあると思いますが、

その場合、はじめはスタンダード口座、

入金額が1,000USD(10万円とちょっと)を超えるのならロースプレッド口座がおそらく多くのトレーダーにとっていいのではないかと考えています。

関連記事:Exnessのスプレッドは最狭 | ゼロ口座とロースプレッド口座をおすすめ

 

スタンダード、ゼロ、ロースプレッド、プロの4種類の口座から選ぶことになりますが、アカウントひとつで使いきれないくらいの複数口座を保有することもできます。

 

ほかにスタンダードプラス口座、スタンダードセント口座という特別な口座もありますが、これらの口座は公式ページによると最低入金額が少額・小さい取引単位で取引できる口座と説明されています。スプレッドもかわるようで使うこともないので気にする必要はないと思います。

最大レバレッジは口座ごと?アカウントごと?

レバレッジ設定は取引口座ごとに適用されます。

一方の口座はレバレッジ無制限、もう一方の口座は2,000倍ということもありえます。

関連記事:Exness(エクスネス)の【レバレッジ】を解説 | 無制限の条件とは?

出金拒否は起きない?

起きません。

ただし海外FXの出金ルールは知っておく必要があります。

クレジットカード入金はその入金分が返金処理され、そのあとにほかの手段で出金となります。

オンラインウォレットはそのウォレットをもちいて一度入金している必要があります。

関連記事:【最速】Exness(エクスネス)の出金方法 | 一瞬で受理完了!

追証はない?

ゼロカットされます。追証はありません。

Exnessのマイナス残高リセット

Negative balance compensation = マイナス残高リセット

レバレッジ無制限・解放条件について

こちらの記事では「レバレッジ無制限」を詳しく解説・実演しています。

同じタイプの海外FX業者は?

Exnessと似ているタイプのFX業者としては…

Exnessには「レバレッジ無制限」があるので似たブローカーというのは見つかりません。

ボーナス業者ではないのでXM、GEMFOREX、iFOREX、TTCM、easyMarketsとは違いますね。

Exnessのゼロ口座、ロースプレッド口座と似たような海外FX業者としては、Axiory、Titan FXがあります。

ボーナスはないが取引コストが安いという共通点があります。

これから海外FXトレードするならExness(エクスネス)

余談ですが、Exnessでは取引ボリュームによって特典がもらえる場合もあります。

 

利用条件(一定額以上の累計入金額と余剰証拠金による)はありますが無料VPSサービスもありますので気になる人はサポートに問い合わせてみましょう。

今回は以上となります。

Exness(エクスネス)公式ページ