FX業者について

【おすすめの通貨ペア】海外FXではどれを取引するのがいいの?

海外FXのメリットに豊富な銘柄数があります。

しかし、銘柄数が多いことによって結局どの通貨ペアがいいの?と、かえって混乱してしまうこともあるかもしれません。

 

このページではFXおすすめの通貨ペア「その理由」についてを書いていきます。

一般論にもなってしまいますが、トレードする上では知らなくてはいけないことです。

極端なはなし選んではいけない銘柄もあります!

このページではとくにFX初心者が投資リテラシーを向上できる内容となっています。

近年のブローカーは取り扱い銘柄数が豊富

ブローカーは取り扱い銘柄数が豊富

FXの利点はシンプルに取引できるということにあります。

株式投資のように数千という上場企業のなかから分析して決算書を読み込んで〜なんてしなくていいわけです。

 

資金管理やテクニカル分析など、もちろんFXに必要なことは学ばなくてはなりませんが、

少ない資金からはじめられることを含めて、参入のしやすさこそがFXのメリットだと考えています。

そしてFXはレバレッジによって効率よく増やしていくことができること!

「シンプルさ + レバレッジ」がFX最大のメリットですが、

近年、ブローカーはマニアックな通貨ペアやCFDというものを含めて銘柄数が豊富になりすぎて、

かえって銘柄選びが複雑になりすぎています。

 

ベテラントレーダーからしたらこういった感覚はないかもですが、

新規のFXトレーダーにとっては非常にわかりずらいものとなっている。

 

初心者トレーダーに知っておいてほしいことは、

じつは取引すべき銘柄(通貨ペア)は、かなりかぎられるということです。

このことを知っておくだけでもいっきにFXはやりやすくなるはずです。

 

もちろん取引銘柄の選択肢が豊富にあることはメリットとなりますし、

自分だけが知っているおいしい銘柄、

あるいは、この銘柄だからこそ使える特別な手法というものも存在するかもしれません。

しかし、そんなものを探し当てられる可能性は低いので、まずは王道を知ることからです。

おすすめの通貨ペアとは?

結論からいうとドル円の通貨ペアですね。

USDJPYです。(USD、JPYは通貨コードのことでMT4 / MT5ではこの表記です)

通貨ペアの先頭の通貨名(ドル円ならばドルのほう)を意識することです。

チャートを見れば、その通貨が上がったか下がったかということです。

 

定番すぎて答えがつまらないかもしれませんが、本当に「ドル円」からがいいです。

これは海外FXにかぎったはなしではないですね。

ドル円からはじめてFXに慣れていくことが王道です。

なぜドル円なのか

ここからは理由を説明していきます。

なぜかというとUSドルの基軸通貨とのペアであって流動性が高いからです。

 

そして自分たちの国の通貨でもあるので一番よく知っているということ。

まずは米国と日本のニュースを追っているだけでいいのですよ。

米国のニュースは世界中で報道されています。

 

逆に、それ以外の各国のニュースを追っていても日々の生活に追われて時間もないので情報は追いきれません。

もちろんテクニカルだけでトレードしているトレーダーも多いと思うのですが、それでも「その国に関連する指標発表がいつあるのか」と「重大ニュースとそれが起こりそうなタイミング」は絶対に知っておくべきです。

そういう意味では完全テクニカルだけでトレードするということはできないです。

 

ドル円は、リスクオン方向とリスクオフ方向がはっきりしている(一般に悪材料が起きてしまったのならリスクオフとして円高となる)のでトレードしやすい通貨ペアといえます。

 

取引条件としても、

どのブローカーであってもドル円の通貨ペアだけはオーソドックスな銘柄なのでへんなスプレッドに設定されていません。

スワップについても同じです。

FX業者の「顔」となる銘柄なのでここを不利にみせるわけにはいかないのです。

 

トレードする上でも、ドル円の買い方向にはプラススワップ売り方向にはマイナススワップがつくのでわかりやすいです。

 

デイ・スイングトレードはもちろんのこと、

東京時間として、日本の株式市場がはじまったときによく動くのでスキャルピングもしやすいと感じるトレーダーもいます。

つまりドル円はどの時間軸でもトレードできます。

 

そして安全通貨同士で比較的なめらかな動きをする。

ポンド、ゴールドほど一撃死する銘柄ではないです!

 

このようにありとあらゆる理由があります。

そして究極的に「なぜドル円なのか」をあとのほうにも書いていますのでページを読み進めていってください。

ユーロドル・ユーロ円

ドル円のほかには、

次点でユーロドルですね。

これも同じ理由で世界でもっとも流動性があるからです。

米国以外の先進国が低迷していると嘆かれている昨今ではありますが、欧州連合といえば世界で大きな存在であることは事実なので、ユーロは米ドルに匹敵する通貨となります。

 

ただしヨーロッパの事情までを追いきれないトレーダーは多いですし、

ユーロドルは取引単位としてはドル円よりも若干ロットを下げなくてはいけないと考えています。ユーロ円についても同じです。

ユーロドルはEURUSD、ユーロ円はEURJPYの表記です。

ほかにおすすめな通貨ペア

  • 豪ドル、ニュージーランドドル

意外に思われるかもしれませんが、

オーストラリアとニュージーランドのオセアニア通貨は取引しやすい銘柄です。

豪ドルはオージー、ニュージーランドドルはキューイという愛称で呼ばれています。

これらオセアニア通貨は、流動性あってボラティリティーもあるのでトレーダーにとって取引しやすい通貨なのです。

AUDUSD、AUDJPY、NZDUSD、NZDJPYのどれでも取引しやすい通貨ペアです。

資源国通貨としてリスクオン方向に動くことが多いです。

しかしオージー、ニュージーといった国の国際社会と世界経済における立ち位置や指標発表までに精通しているトレーダーは少なく、オセアニアはなじみがないという理由で取引する人は少ない印象ですね。

ドル円と同じロットを取っても証拠金維持率に余裕を感じるかもしれません。

かといって大きく取引するとドル円とは値動きの感覚が違うので、ドル円のロットと同じくらいにしておくことがコツですね。

 

  • ポンド

ポン様はご乱心になると殺人通貨と呼ばれるくらいにボラティリティー(激しい値動き)があります。

リスク取れるトレーダーにとってはおすすめの通貨となります。

リスクあるからおすすめしないということではないです。

トレーダーにとっては大きな値動きがないと利益を取れないからです。

ポンド専門のトレーダーもいるくらいです。

 

ポンドドル(GBPUSD)のほうが無難で、ポンド円(GBPJPY)でもいいのですが値動きがより激しく感じるはずです。

コツとしては、はじめてポンドを取引する場合にはロットを下げること!

普段のドル円のロットの半分でもいいくらいです。

通貨ペア以外のおすすめ | CFD・ゴールド

通貨ペア以外のCFDでおすすめの銘柄とはなにか

CFDとはなにか?

簡単にいうと株式指数などをFXのようにトレードできるということです。

一般的な現物株の取引とは違い株式指数であってもレバレッジをかけてピンポイントで利益を抜いていくという考え方をするということですね。

 

  • ゴールド

ゴールドはボラティリティーがあるといわれます。

ポンドと同じはなしで、ボラがあるから危険なのではなくてボラがあるからこそチャンスはあるのです。

そういった意味ではゴールドだって本来はおすすめできる銘柄となります。

ただしその分、資金を溶かしやすい銘柄であることも事実なので、より資金管理力が求められます。

ようするにポンドやゴールドといった銘柄を積極的に取引してもいいけど取り扱いには注意ということですね。

 

  • US30

株価指数の王様はNYダウです。

世界でもっとも有名な株式指数がNYダウであり、米国株は世界でもっとも売買されている(出来高が多い)のでトレードしやすい銘柄といえます。

XMではUS30という銘柄名がこれにあたります。

CFD・ゴールドといった銘柄であっても海外FXの利点を活かした「CFDでさえハイレバレッジ」でガンガン攻めていけますが、あくまで上級者向けではあります。

原油先物に関してはさらに上級者向けです。

取引してはいけない銘柄とはなにか!?

取引してはいけない銘柄とはなにか

取引してはいけない銘柄とは次の2つのいずれかに該当する銘柄です。

 

  • 「流動性がない」銘柄

流動性がない(出来高が少ない)銘柄の取引は基本的には負けます。

トレードする以前の問題なんです。

あまり動かないとされている銘柄には手を出す必要はないですね。

例えばマニアックなコモディティ銘柄がそうです。

 

コモディティなどマニアックな商品であっても、商品知識があって流動性があるのならいいのですが、そんなものゴールド(むりやりいってシルバー)くらいしかありません。

おすすめできる定番といわれている銘柄(通貨ペア)には理由があって、それは流動性があるからこそです。

 

ブローカーの銘柄数が豊富なのはいいことなのですが、

「流動性のない銘柄で取引すると負ける」このことだけは覚えておいてください。

 

 

  • よくわからない銘柄

よくわからない銘柄には手を出さないことです。

このことはなにもFXだけにかぎったはなしではありませんよね。

よくわからない人や投資対象にお金を支払って騙される人は多いです。

自分がよくわからない銘柄にいきなりお金を突っ込んで損をしてしまう人の心理が僕にはわかりませんが、

とにかく、

「よくわからないものに手を出すと負ける」このことも絶対に覚えておいてください。

 

 

最後に、冒頭でいった通貨ペアがなぜおすすめなのかをまとめると、

上記でいった取引してはいけない2つのことのをいうと、

「流動性があって」「よく知っていること」の掛けあわせになります。

つまり取引すべき銘柄は、

「よく知っている国の通貨で、流動性がもっともある銘柄」ということになります。

 

もっともよく知っている国の通貨で、かつ流動性がもっともある通貨ペアのひとつとはなにか!?

このことを考えると、

なぜ一番おすすめできる通貨ペアが「ドル円」なのかということがわかっていただけたと思います。

おすすめできない通貨はある?

しいていうならばスイスフランです。(スイスはいい国ですが)

スイスフランはメジャー通貨でありCHFと表記されます。

 

スイスフランは必要証拠金と最大レバレッジが不利なことがある。

スイスフランショックの前例があったので、各証券会社はそれに警戒して不利な取引条件のままであることが多いです。

それを知らず、ほかの通貨ペアの感覚と同じようにスイスを含んだペアで勝負すると証拠金維持率が不利な状態でスタートすることがあります。

 

ただし、スイスフランをおすすめしないというのは主観的なことになってしまい、

たとえばスイスの国の事情とスイスフランの値動きによほど詳しいスイスマニアの方ならばいいのです。

なにか法則性を見つけられてチャンスだと思えば入ればいい。

ただし、そのような人はあまりいないと思います。

 

なにもスイスフランを取引しなくとも、ユーロといった同じ地域の通貨や、スイスフランのような値動きをするほかの銘柄はあります。

一般的にリスクオフ(悪材料)になるとスイスフランとともに円、ゴールドが避難先として買われる傾向はあります。

最大レバレッジが違う通貨ペア

XMを例にすると、

XMではすべての口座タイプを対象に最大レバレッジが違う通貨ペアがあります。

EURDKK、EURHKD、GBPDKK、USDDKK、USDHKD、USDCNH、EURRUB、USDRUBのレバレッジは最大50倍、

USDTRY、EURTRYは最大100倍となっています。

このことはMT4とMT5プラットフォームに共通しています。

これらの通貨ペアはマイナーで通常、取引することはないですね。

ちなみに、CHFを含んだ全通貨ペアの最大レバレッジは400倍です。

 

取引条件はFX業者によりますが、ほとんどの海外FX業者でこのような傾向はあります。

DKKとはデンマーク・クローネ

HKDとは香港ドル

CNHとはオフショア人民元

RUBとはロシア・ルーブル

CHFがスイス・フランです。

長期投資と短期トレードを分けて考えること

FXでは正しい期間で勝負するトルコリラなどの新興国通貨建てのスワップ目的の長期積み立てはしないことです。

プラススワップを得るために長期で通貨を保有することはやめたほうがいい。

FXはレバレッジを効かせた短期の投資手法なのであって、基本的には長期で保有するものではありません。

もちろん数日、数週間のスイングトレードはありです。

 

長期には長期に適した投資手法(株式、債券、不動産など)があるのですが、

FXはそうではありません。

FXの長すぎる保有は意味がないです。

 

もちろん新興国通貨のロング・ショートの短期トレードであれば、チャンスがあるのならばトレードしてみてもいいでしょう。

 

 

株式指数のCFDはもちろんのこと、個別株やビットコインをCFDとして取り扱っているブローカーもありますが、

基本的にFXはピンポイントで入って、すぐに抜けるといった使い方です。

何年も保有し続けることを前提とするならば、本物の現物株やビットコインを保有したほうがいいです。

このことは重要なことで、

よく知らない人にとってはFXで長期投資はやってしまいがちなミスでもあります。

FXトレードはあくまで短期です!!

 

FXは投機であることもあって世間からはギャンブルだと誤解されているところはありますが、FXから学べることは本当に多いです。

これからも金融リテラシーを高めていきましょう。