FX業者について

【海外FXか国内FXか】答えは両方を併用するということ

よく議論されるのですが「海外FXと国内FX」ではどちらがいいのか?ということについて書いていきます。

この手の議論は、人によって何を求めるのかによってかわっていき、答えはないです。

それぞれにメリットデメリットがあるので、このことを知った上で合っているほうを選ぶこと。

海外FXでは追証なし(借金ができない)で25倍を超えてレバレッジを大きくかけることができます。

国内FXでは確かな入出金の手段と信託保全があります。

大きなお金を用意できるトレーダーにとっては国内FXを選んだほうが安全です(このことも考えようによってはかわってきますが)

逆に資金が少ないうちは海外FXが優位となる。

あと、勝てていないうちから税金の心配をするのはナンセンスです。

一応、僕の答えとしては海外FX国内FX両方を併用するということ。

海外FXか国内FXかは両方を使ってみる(併用する)

日本人であっても海外の銀行口座は開設できる

まず前提として、どちらかだけしか使えないなんてことはないんです。

例えば日本人がHSBCなどの海外の銀行口座の開設、あるいは現地の海外保険に入ることができるのと同じように海外FX口座を利用することは違法でもなんでもないのですから。

なぜか「国内FX 対 海外FX」の議論って二元論に走りやすい。

なぜどちらかに限定をさせなくてはいけないのか?

どちらも長所・短所が明確だからこそ、

海外FXと国内FXは、資産の状況や時期によって使い分けたり、手法ごとに同時に併用するパターンがいいのではないかと考えています。

海外FXと国内FXの両方を使ってみなければ自分がどっちに向いているのかはわからない

海外FXと国内FXのどっちが向いているか

海外FXと国内FXの両方を使ってみないことにはメリットもデメリットも見えてこなく、

両方を使ってみてから合っているほうを選べばいいというのが結論ですが、

年間で出せる利益や、資金量、大きなレバレッジを求めるかなど、これは個人によってもかわってくる話です。

関連記事:【海外FXと国内FXの違い】人によってどっちが向いているか

全員が全員一方だけが向いているなんてありえない。

 

そして、国内FXで勝てないからといって海外FXで勝てるわけではないですし、同じく海外FXで勝てないからといって国内FXで勝てるわけではないです。

国内FX海外FX関係なく勝てる人は勝てます。

海外FXと国内FXの両方を使う場合で考えられるパターン

国内にはない海外の魅力

海外FXと国内FXの両方を使っていくトレーダーの場合に、その目的・事情はいくつかのパターンがあります。

おおむね共通することは「国内ではできないこと」を海外に求めるということですね。

海外FXで増やせた資金を国内の投資資金にあてる

これが王道のパターンです。

少ない資金からトレードができる海外FXを使い、そこで資金を増やしてから国内証券会社で安全運用していく。

「海外 → 国内」と切り替えるパターン。

個人的にはこれが理想なのかな、と思っています。

国内が低レバレッジ運用・並行して海外で勝負用口座として使う

FXの上級者は、あたり前のように利用するFX口座(ブローカー)を分けているということがあります。

国内FXと海外FXを併用する場合にも、普段はリスクをおさえて国内口座で低レバレッジで回して、チャンスだと思った時に勝負をかける用の口座として海外FX口座でハイレバレッジで勝負するといった、

それぞれの特徴を活かして、口座ごとに別手法でトレードするパターンですね。

 

海外FXは投資元本以上の損失なし!そのトレードの考え方とは:【追証なしの海外FX】XMは元本以上の損失リスクなし!その取引の考え方

自動売買(EA)をしたい場合

プログラムによって自動売買をするEAを使いたい場合には海外FXのほうが選択肢は多くなります。

なぜならば国内FX業者のほとんどがMT4(MT5)に対応してはいなく、自動売買自体を認めていないからです。

一部MT4対応の国内FX業者もありますが、約定レートの問題などMT4に対応さえしていればいいというわけでもない。

 

MT4でEAを使う方法について詳しくはこちらの関連記事:【自動売買】MT4プラットフォームのEAの使用方法 | XMのVPSについて

国内FXでは取り扱いのない銘柄を取引したい場合

海外FXのほうが銘柄数が豊富にあります。

マニアックな通貨ペア、あらゆる国の株価指数といったCFDはもちろんのこと、

原油、天然ガス、パラジウム、ゴールド、シルバー、

コーヒーやココアといった商品、

ブローカーによっては日米の個別株の取り扱いもあります。

FXブローカーでこれほどの銘柄を取り扱っているということは、

それらすべての銘柄で「レバレッジ取引」ができるということを意味します。

 

実際にCFD・原油・ゴールドの取引はどうなのか?詳しくはこちらの記事で:【CFD・原油・ゴールド】XMでの取引はどうか?|知らなくてはいけないこと

資金力のある投資家であっても少しの資金で海外FXすることもある

勝てている人や資金力のある人は国内FXだけで十分だと言う人もいると思います。

いやいや、

すでに資金力のある投資家はFXをメインにはしません。

 

投資は分散してナンボです。

不動産や株式投資に資金をあてている場合、ある程度の資産を持っている人であっても現金比率は低いということがあります。

その場合、少ない現金部分でトレードできるのも海外FXの魅力です。

すでに資産がある=海外FX口座を使わないなんてことはないです。

日本国外に居住している場合

日本国に居住した場合、日本の証券会社は日本国外はサービス対象外であるために海外FXだけを使わざるをえない場合もあります。

海外FXか国内FXか向いているほうを使えばよい

資金量によって切り替える

かならずしも海外FXと国内FXを同時に使うということではなく、資金量によって切り替えるということがおすすめですね。

海外FXだってブローカーによっては法人口座はつくれますし、

資金が少ないうちは追証なしでレバレッジの選択肢が多い海外FXのほうが増やしやすいです。

メジャーな正しい海外FX業者を選べば出金拒否なんて起こりません。

それでも、いずれ資金量が多くなれば国内の法律の保護を受けることができる国内口座あるいは国内法人口座にすればいいのではないかと考えています。

 

よって、最終的には国内の証券会社で堅実に運用することが理想ではある。

このことはクレジットカード入金や海外からの銀行送金に対する目が厳しくなってきているということも理由にあります。

(とはいっても常識はずれな出金額ではないかぎり問題ありません)

 

資金が少ないトレーダー、あるいは自分の大部分の資産を株式などにあてている投資の上級者であっても、少ないFX資金で大きなポジション数量で勝負することができる海外FXトレードは魅力ではあります。

 

海外FXと国内FXにはそれぞれにメリット・デメリットがあり、

…結局答えはでないので、そのときの事情・状況によって向いているほうを使えばよい。