FX業者について

【CFD・原油・ゴールド】海外FXではどうか?知らなくてはいけないこと

海外FXのメリットのひとつとして【豊富な銘柄数】をMT4あるいはMT5だけで取引できることにあります。

よくあるメジャー通貨ペアだけではなく、

CFDというかたちでNYダウ・日経平均を含む各国の株価指数を取引できますし、

原油といったエネルギー銘柄

ゴールド、シルバーといった貴金属も取引できます。

そこで、これらCFD・原油・ゴールドといった銘柄の取引は実際どうなのか?ということと、

それぞれの銘柄の特徴、

そしてゴールドといった銘柄に新規で手を出す場合に「絶対に知らなくてはいけないこと」をこのページに書いておきます。

CFDトレードはExness(エクスネス)に注目

それぞれのCFDの解説の前に、

CFDというものはブローカーによってその取引条件の有利不利の差が激しいです。

 

追記:なんとExnessでは全株式およびインデックス、ゴールド、仮想通貨の全ペアがスワップフリー(0)となりました。

日をまたいでポジションを保有してもマイナススワップを取られません。

よって、ロースプレッド口座あるいはゼロ口座でトレードすることによってスプレッド、スワップともに有利なものとなります。

Exnessのゴールドはスワップフリー

Exnessでは各国の株価指数のほかに個別の米国株、仮想通貨も取り扱っています。

Exnessで米国株の個別銘柄を追加

Exnessでは株式は20倍、

原油・仮想通貨・株価指数は200倍の最大レバレッジで取引可能!

 

一方でXMとGEMFOREXは、スプレッド・スワップ・取引銘柄数で有利というわけではありませんがボーナスがあるので、ボーナスを活用してボラのあるゴールドをトレードしているトレーダーは多いです。

CFD・原油・ゴールドの取引をする前に重要なこと

CFD・原油・ゴールドの取引をする前には資金を分けておくこと

どこのFXであれ、ボラティリティーのある銘柄はFXトレードではチャンスとなる銘柄ですが、

「ゴールド・原油」といった、慣れていない銘柄にいきなり手を出すと資金を溶かしやすいです。

 

なぜかというと「その銘柄のボラティリティ(値動きの激しさ)」「取引単位」「最大レバレッジ」通常よく取引する通貨ペアとはまったく違うからです。

海外FXブローカーのCFDの最大レバレッジは大きくて200倍ほどであることが多いです。

株価指数のCFDはブローカーによっても取引単位(ポジションサイズ)が違うので注意が必要です。

とくに今までドル円、ユーロドル、オージーといったメジャー通貨ペアで取引していたトレーダーは、今まで積み上げてきた資金を失うおそれがあります。

 

ボラティリティと証拠金維持率の「上下動の感覚」が本当に違うので、まじめに積み上げてきた利益を失うことはしてほしくはない!

 

よって、ゴールド・原油やコモディティを取引する場合には、

複数口座で資金を退避した上でやってみるといいです。

 

そして慣れていない銘柄を取引するときのコツは

ロットをおとして入っていき、あとから追加していくこと。

そのつど、かならず証拠金維持率を確認することです。

 

誤解なきようにいうと、ボラティリティがあることはトレーダーにとってはチャンスなので、

リスクを取れるトレーダーにとってはゴールドといった銘柄も面白い銘柄のひとつです。

各CFD・原油・ゴールドの取引方法

CFD・原油・ゴールドそれぞれの銘柄がMT4 / MT5の「気配値」の一覧に表示されていない場合

MT4 / MT5の「シンボルの追加」から取引したい銘柄を選んで追加していきます。

 

MT4 / MT5の銘柄の「詳細」から、

そのブローカーの1ロットあたりの取引単位スプレッドストップレベル最小数量買いと売りのそれぞれのスワップ水曜おわりのスワップ3日分取引時間などのデータを確認することができます。

ストップレベルとは? : 指値注文や逆指値注文を出す場合に、今の価格から開けなければいけない値幅のこと。

近すぎる予約注文はとおらないのでストップレベルより開けて予約注文を出さなくてはいけないということです。

 

スワップ3日分とは? : 水曜日のクローズをまたぐと、土日分の受け渡し日の影響からプラススワップの場合はスワップの3日分が付与されます。

マイナススワップの場合は水曜のクローズを明けると3日分をごっそり取られます。

CFDやゴールドといった銘柄は「買い」も「売り」もマイナススワップであることが多いことに注意です。

CFDの「Cash」と「Future」の違い

ここからは、XMTrading(以下XM)の銘柄を例に解説します。

ほかのブローカーでは銘柄の呼び方が違うことがありますが(GOLD = XAUなど)、中身は同じなので、なにをトレードしたいのかをはっきりさせてからチョイスします。

 

XMのCFD(JP225、US30など)の「Cash」と「Future」の違いについてですが、

Cashが「現物」、Futureが「先物」のことです。

 

Future(先物)には「限月」というものがあって決済期限があります。

Future(先物)の銘柄の最後には英語表記で「月と年号」が記載されているので銘柄名はかわっていきます。

例:日経平均株価の2020年の12月の限月なら「JP225-DEC20」と表記されています。

 

Future(先物)の場合、最大で3ヶ月なのでその期日以内には決済をしなくてはいけません。

それを超える長期保有なら現物となりますが、CFDでレバレッジをかけた超長期保有はあまりおすすめしません。

 

Cash(現物)は基本的にどの銘柄も買いと売りのどちらもマイナススワップです。

Cash(現物)は、スワップのほかに買いの場合は配当金がもらえ売りの場合は配当金を支払います。

Future(先物)にはスワップがありませんので、日をまたぐスイングトレードならFuture(先物)の方がいいです。

スプレッドは若干Cash(現物)のほうが狭いので有利ですね。

 

まとめると「Cash(現物)」と「Future(先物)」の違いとして、

  • 「決済期限」Cash(現物)にはなくてFuture(先物)にはあること
  • 「スワップ」Cash(現物)にはあってFuture(先物)にはないこと
  • Cash(現物)買いは配当金があること、売りは配当金を支払うこと
  • Cash(現物)のほうがスプレッドが狭い

ほかに細かすぎる違いをいうとストップレベル(このページ上の方で解説)も「Cash(現物)」と「Future(先物)」で若干違いがあります。

「Cash(現物)」と「Future(先物)」の取引時間は同じです。

原油(OIL)の「Future」と「Mini Future」の違い

原油については、

XMでは「OIL」と表示されています。

より正確には「WTI Oil Futures(限月)」という名称です。

ほかのブローカーではWTIという銘柄名が使われていることも多いです。 

 

XMの「OIL」の「Future」と「Mini Future」の違いについては、

名前のとおり「Mini(ミニ)」のほうが取引量が小さくなります。

OILの「Future」の取引単位は100で、「Mini Future」の取引単位は10です。

OILの「Future」と「Mini Future」の取引時間は同じです。

各CFD・原油・ゴールドの取引条件の詳細を確認する

CFD・原油・ゴールドのイメージ

CFD、原油、ゴールドといった銘柄の場合、

通常の「通貨ペア」と違って「最大レバレッジ」がかわります。

XMの取引口座で設定されている「最大レバレッジ888倍」とは関係がなくなります。

 

CFD、原油、ゴールド、そのほかのコモディティといった銘柄の最新の取引条件の詳細は、

ブローカー公式ページMT4 / MT5の「詳細」から確認することができます。

FX含む証券会社では「取引条件・仕様は変更される」ことが普通なので、

XMのホームページ上のメニュー  取引  から、

「取引商品」の項目にあるFX取引、コモディティ(商品)、株価指数、貴金属、エネルギーのそれぞれのページから取引条件の詳細を確認できます。

 

MT4 / MT5からは、

銘柄を選択して「詳細」あるいは「仕様」から確認します。

メタトレーダーから銘柄の取引条件の詳細を確認する メタトレーダーから銘柄の取引条件の仕様を確認する

 

「取引時間」と「最大レバレッジ」は時期とイベントによってかわることがあります。

とくにコモディティといった商品は「季節」によって、

そして、各国の株価指数のCFDは、その国の「休日」と「重要イベント」によって取引時間と最大レバレッジがよくかわります。

その際にXMではメールでお知らせをしてくれます。

通常、取引できない時間帯などの変化が起こるのは早朝6過ぎたあたりからの2時間ほどです。

普通の通貨ペアでも早朝はスプレッドが開いて取引しにくい時間帯と同じですね。

 

とくに、はじめて取引する銘柄のチェックすべきことは、

原油の場合、

「スプレッド」「先物なので限月」「取引時間」「最小ロット」の確認をすることです。

XMの原油(Oil)の場合、ロットは「1」からの注文となります。「0.1」では指定できません。

 

CFDは、各国の株価指数のチェックをして、

「先物ならば限月」「スプレッド」「現物ならばスワップと配当金」「取引時間」「最小ロット」を確認します。

XMのCFDの場合、US30とJP225のロットはメジャー通貨ペアのように「0.01」では指定できません。

追記として、MT5上のすべての現物株価指数の最小取引単位は「1」から「0.1」へ変更となりました。

 

株価指数のおすすめは「US30」です。

ブローカーによって、より企業数の多い株式指数である「S&P500」のCFDがあるならばそちらでもいいです。

もっとも出来高のあるNYダウやS&P500といった米国株式指数が人気ですが、

日本の株価指数としておなじみなのは「JP225」ですね。

 

ゴールドは、

スプレッド、取引時間、最小ロットを確認しますが、

XMにおけるゴールド(GOLD)のロットは0.01から指定できます。

ボラティリティがあるため最初はロットを下げて取引することをおすすめします。

各CFD・原油・ゴールド・商品の選び方のコツ

銘柄の選び方とコツとしては、

マイナーな銘柄をいじる必要はないということです。

投資銘柄には「流動性」というものがあって、

流動性が少ないものでトレードするとまずうまくいきません。

マニアックな商品(コモディティ)は上級者向けですね。

CFDの株価指数について

株価指数イメージ

株価指数の王様はNY(ニューヨーク)ダウです。

NYダウとは30種の採用銘柄で構成されていて世界でもっとも有名な株価指数ですね。

それだけあって株価指数ではもっとも流動性も高いです。

XMでいう「US30」がそれにあたります。

別のブローカーでは「DOW(ダウ)USD」という表記が使われている場合もあります。

 

日本でおなじみなのは日経平均株価ですね。

日経平均は225社の日本の企業で構成されているので「日経225」

XMでいう銘柄名「JP225」がこれにあたります。

 

そのほかの国の株価指数は上級者向きですね。

原油について

オイルイメージ

原油価格については「WTI」という指標がもっとも使われています。

ブローカーによってもこの銘柄名が使われています。

原油価格のトレードはXMの銘柄名では「OIL」となっています。

 

原油先物価格は2020年4月に史上初のマイナスを記録したことが話題となりました。

そのように世界的ショックや中東情勢によって常識はずれな値動きをすることがあります。

ゴールドについて

ゴールドイメージ

ゴールドはボラティリティがあってよくトレードされる銘柄です。

一般に世界的に金融危機(いわゆるリスクオフ)が起きたときには円、スイスフランとならんで避難先としてゴールドが買われる傾向はあります。

似たような銘柄にシルバーがありますが、シルバーはゴールドよりかは上級者向けですね。

通貨ペア以外の銘柄を取引する場合のまとめ

キーワードは「流動性」があるかどうかということになります。

そしてトレーダーにとって「ボラティリティ」があるかどうかも重要なことです。

おすすめというわけではないですが、もし通常の通貨ペアのほかに手を出す場合は、

CFDのUS30、ゴールド、原油、

一般にこの3つです。

海外FXの各CFD・ゴールド・原油の取引はどうか

結論をいうと、CFD・ゴールドの取引も海外FXがおすすめです。

ボラティリティのあるゴールドのピラミッティング(含み益を利用して同方向にポジションを追加建てしていくこと)はおすすめしませんが、

これがうまくいった場合には思わぬかたちで大きな利益が積み重なっていきます。

それと同時にレバレッジ制限が入ってしまう可能性はあるので、このことはあらかじめ知っておくべきでしょう。

関連記事:【XMの888倍には】レバレッジ規制あり!200万円からは200倍に

 

銘柄によって、スプレッドとスワップのブローカーの有利不利は差は当然あります。

とくにCFD・エネルギー・貴金属・コモディティ・個別株といった特殊な銘柄になるほど、

その銘柄を取り扱っているかどうか、スプレッドとスワップの有利不利は海外FX業者によって大きくかわっていきますし、

同じFX業者でもサービス内容はかわってしまうことがあります。

 

あらゆる海外FX業者のなかから選べば、それぞれの銘柄にXMやExnessよりも有利な取引条件のブローカーはありますが、

一部分の銘柄の「よしわるし」で選ぶのではなく、ブローカーとしての信頼性で選ぶべきだと考えています。

取引条件が改悪されては意味がありませんし、出金拒否・遅延が起きてしまえばもっと意味はないからです。

ゴールドの取引はXMとExnessがおすすめできます。(ボーナスを活用したいのならGEMFOREXもあり)

「CFD・原油・ゴールドの取引はどうかの知らなくてはいけないこと」のまとめ

CFD・原油・ゴールドの取引についてのまとめ

通常の通貨ペアと比べて「ボラティリティ」「取引単位」「最大レバレッジ」が違うことには注意です。

とくにゴールド、原油は予測できない値動きもあることにも注意しましょう

 

最後にもう一度いいますが、

通常の「通貨ペア」のトレードとは感覚が違うので、いきなり口座資金を失うことはしてほしくないので、

複数口座でゴールド専用の口座をつくるなどをして取引してみることがおすすめです。

そして少額ロットから入ること、

追加するにしても、かならず証拠金維持率を確認しながらポジションを追加していくことが大事なことです。

 

ボラティリティある銘柄はFXトレーダーにとってはチャンスであることも事実なので、

ゴールド、US30といった銘柄は世界でみても流動性があり、ボラティリティもあるのでおすすめできる銘柄とはなります。

これらの銘柄をはじめてトレードする場合には、このページでいっていることを確認してトレードしてみてください。

FXトレードは「ボーナスのある信頼できる業者で」

100%の入金ボーナスと
口座開設するだけでもらえる
ボーナスもチェック