FX業者について

【海外FXってどうなの?】初心者に知っておいてほしいこと!

このページは海外FXってどうなの?という海外FXが気になる方へ向けた内容となっています。

「いきなり海外FXからで大丈夫なのか?」

「どういうタイプの人が国内FXから海外FXに移行を検討すべきなのか?」

「海外FX初心者がとくに注意すべきポイント」を解説します。

このページは忖度抜きでFXデビューする方に向けた手引書となっています。

そもそもFXを知る

そもそもFXは最初のうちはどこを使おうともかならず負けます。

 

短期で儲けるといった感情は一度忘れて生き残ることを最優先に考えることです。

FXに手を出す人にとっては「そんなこと求めてない!」という気持ちはとてもよくわかりますが、

一時的にまぐれ勝ちしてもトレードを繰り返していくうちに正しいスキルを身につけていなければ全部を吐き出してしまうのです。

 

チャートの見方と資金管理、メンタルといった必要最小限の知識を身につけるのにも数ヶ月程度ではムリだと考えています。

ですから、国内FX・海外FXのどこのFX業者を使うのであれ「長くトレード」していけることが大前提となりますね。

最初は国内FXからが無難

最初は損をしてしまうものだからこそ、

  • FXに資産を大きくぶっこまないこと!
  • レバレッジをかけすぎないこと!
  • 損切りができること!

いかに損を最小限におさえながら経験を積めるのかが大切です。

 

国内FXではレバレッジに制限があるので「減るスピードが遅い」という意味で、

最初は国内FXが無難なのではないかと考えています。

 

使うところとしては国内FX同士で比べると大きな違いはないです。

ただし最大手GMOクリック証券とDMM FXでは最低ロットが1万通貨からとなっていますので、

SBI FX Tradeといった1,000通貨あるいはそれ以下の取引単位でトレードできるところを利用するのもいいでしょう。

いきなり海外FXからでもいいか?

国内FXからが無難ではありますが、海外FXには「ボーナス」があります。

口座開設するだけで証拠金として使えるボーナスを受け取ることができる海外FX業者もあるので、

元本損失リスクをゼロにしてリアルトレードできるということでは、いきなり海外FXも大いにありです。

その場合には有名な海外FX業者を利用するようにしてください。

国内FXと海外FXの違いを知る

国内FXと海外FXの違い

大きな違いとして「レバレッジの上限の違い」があります。

最大レバレッジという言い方をしますね。

国内FXは最大レバレッジ25倍まで。

海外FXの最大レバレッジはブローカーによって500 〜 1,000倍ほどの大きすぎるレバレッジで注文を出すことができます。

実際のトレードでは大きすぎるレバレッジはすぐにロスカットされるだけなので使うことはありませんが、

どこの海外FX業者であれレバレッジ1倍から200倍までのある程度現実的なレバレッジでトレードすることはできます。

このような「レバレッジの上限の違い」を含む【海外FXのメリットとデメリット】をよく知ることからはじめてみてください。

海外FXのメリットとデメリットついて:海外FXの【メリット】と【デメリット】とは?とくに重要なことを解説!

 

海外FXのデメリットが国内FXのメリットとなります。

海外FXのメリットが国内FXのデメリットとなります。

ここでも海外FXのメリットをまとめると、

  1. レバレッジの選択肢の多さ
  2. 追証なし
  3. ボーナス

大きなメリットとして上記のことがありますが、

レバレッジは初心者にとっては扱いがむずかしいものとなりますので、とにかく「ロットをおさえながら」ということを意識する必要があります。

追証なし(ゼロカット)については大きなレバレッジをかけないならばそこまで考慮する必要はありません。

 

海外FXのデメリットとしては、

入出金手段のわずらわしがありますが、メジャーなブローカーで銀行入金を使うならばそこまで大差はないです。

利益をあげて出金するわけですが、そもそもFXで勝つだけでもそれなりにハードルは高いです。

税金についても初心者のうちは深く考える必要はありません。

稼いでから心配すればいいはなしです。

どのようなトレーダーが海外FXに向いているのか

やはり大きな違いは「レバレッジ」となりますので、

レバレッジを求めるのかでほぼ決まるといっていいと考えています。

どっちが向いているかの関連記事:【海外FXと国内FXの違い】人によってどっちが向いているか

 

大きなレバレッジを求めるのなら海外FX、求めないのなら国内FXです。

ただしレバレッジに制限がある分、ある程度まとまったお金を入金しないといけないのは国内FXです。

FXの基礎をそなえたうえで資金が少ないうちは海外FXのほうがやりやすいですね。

増やしてから国内FXにすることが理想かなと考えています。

つまり、どっちかだけをずっと使わなくちゃいけないなんてことはない!

よく国内FXか海外FXどっち?みたいな議論はありますが、時期によって使い分けたりと、もっと柔軟に考えようということです。

関連記事:【海外FXか国内FXか】答えは両方を併用するということ

海外FXに手をつけることになるであろうルート

  1. FXに興味をもち、国内FXでやってみる。
  2. ある程度、経験を積んだが結局タネがないと不利なことに絶望する。
  3. 資金の少なさを嘆いて海外FXへ!
  4. XMがいいらしいのでXMでトレードを開始する。
  5. (海外FXで増やしてから国内FXに移行したい!そしていずれ株式投資へと思っている。)

私はこのルートでいいと考えています。

関連記事:はじめての海外FX口座の開設はどこがいい?|大手からがおすすめです

 

XMはスプレッドが広いので、XMではカバーできない部分を求めてほかのブローカーを試していくケースもあります。

 

ブローカーの口座開設は次の流れとなります。

  1. 登録 : 氏名・メールアドレス・住所などをフォームに入力していきます。数分でおわります。
  2. KYC : 本人確認書類をアップロードして個人認証をする。
  3. 入金してトレード開始!

海外FXで注意すべきポイント

海外FXで注意すべきこと

この項では海外FX初心者が絶対に注意すべきことを解説します。

  • あやしいブローカーに注意すること
  • 身の丈にあわないロット数量を取らないこと
  • メンタルのぶれにも注意

あやしいブローカーに注意する!

あやしいところは使わないこと。

はじめての海外FXならば有名なところのみがいいです。

 

どうしても海外FXの利用は自己責任となってしまいますので、

こちらの記事の「選ぶべきブローカー基準」も知っておくことです。

ブローカー選びの条件:優良業者の見つけ方!海外FXの安全なブローカーについて

 

Twitterの新興ブローカーの勧誘にはとくに気をつけること!

LINEなどのクローズなところでの詐欺ツールやEAの勧誘にも注意すること!

身の丈にあわないロットを取らない

実際に海外FXトレードするにあたって、

海外FXはレバレッジの選択肢が多い分、身の丈にあわないロット数量を取るとお金を溶かしやすいです。

大きな金額を入れても同じスピードで溶けていくだけなので、

自身の口座資金に見合った「適正ロットを探ること」からスタートします。

 

幸いほとんどのブローカーでは1,000通貨単位でポジションを調整可能なので、最初のうちは少額から取るようにしてください。

慣れていないうちは一撃で注文を入れるよりも、あとから追加していくほうがいいのです

そして、かならずエントリーするごとに「証拠金維持率」を確認すること!

メンタルに注意

FXでは1度の勝負で大きく負けたりすると、負けを取り戻そうとしてまた大きな勝負に出てしまう。

そのときに、この勝負は妥当なものなのか冷静に考えることです。

 

溶かして入金してまた大きなロットでギャンブル勝負してまたお金を失ってしまうような事態だけは避けること!

 

FXは長距離マラソンです。

ハイレバができてしまう海外FXだからこそ冷静さが常に大事なことであり、

  • 勝ちを急ぎすぎない!
  • 一発逆転を狙わないこと!

 

FXをしてからある程度の期間を経過しても増えていないならおかしいということ。

検証して間違った部分を修正していくことです。

「海外FXの初心者に知っておいてほしいこと」のまとめ

海外FXの初心者に知っておいてほしいことのまとめ

ある程度(数十万ほどで可)のまとまったお金を入れることができるのならばFXに慣れていないうちは国内FXからが無難。

しかし海外FXではボーナスを使って未入金でトレードできるので金銭的リスクを少なくすることはできます。

もし海外FXを使う場合にも有名どころから使うこと!

SNS上でのあやしいブローカーやEAの勧誘に注意すること!

 

国内FXは負けのペースがゆっくりとなりますが、

海外FXでは勝つペースも早いが負けるペースも早くなります。

ハイレバレッジの注文がとおってしまう海外FXでは、よりトレーダーの「資金管理力」が求められるのです。

それは、1度の損切りで大部分の資金を失わないこと。

失敗してもあわてて負けを取り戻そうとしないこと。

 

ある程度の期間を決めて増やしていけるなら、資金が少ないうちは海外FXのほうが効率はいいです。

つまりルールを守れるのなら海外FXのほうがいい。

海外FXトレードでは「自制心」がより重要なことになります。

FXトレードは「ボーナスのある信頼できる業者で」

100%の入金ボーナスと
口座開設するだけでもらえる
ボーナスもチェック