FX業者・ツール

海外FXトレードの【メリット】と【デメリット】とは?とくに重要な部分を解説!

このページでは海外FXのメリットデメリットについて、とくに重要な部分だけにしぼって解説します。

「メリット」と「デメリット」のそれぞれの重要度ベスト3を上げていきます。

海外FXのメリットの活かし方と、デメリットの克服方法も書いていますので、

このページを見てもらうだけで海外FXデビューを考えているトレーダーがどうするべきなのか!がわかるようになります。

国内FXではできないことを海外FXに求める!| 海外FXのメリットベスト3

海外FXのメリット3選

海外FXの利点として、なによりレバレッジの大きさにあると考えています。

そもそもFXの利点は「レバレッジ」にあります。

レバレッジを使って少ない資金に「てこ」を入れるようにして大きな金額を動かせるのがFXであり、

その利点であるレバレッジの「選択肢が多い」ということがなにより重要。

くわえて海外FXのメリットとして「追証なし」「ボーナス」がありますが、これがまたレバレッジと相性がいい。

海外FXの利点は「レバレッジの選択肢の多さ」

よくある誤解で、海外FXはレバレッジが大きいから資金を溶かしやすいということがありますが、このことは個人のトレードスキル(資金管理)の問題となってしまいます。

FXトレードだけの問題でもなく、身の丈に合わない大きな金額をかけてしまうと危険なのはすべての投資に共通することです。

 

ロットはトレーダー自身で決めることなので、海外FXでレバレッジ「1倍」でトレードすることだってできます。

そういう意味で海外FXのメリットは、レバレッジの「大きさ」というよりもレバレッジの「選択肢の多さ」といったほうが適切です。

 

レバレッジの選択肢が多い分「扱い」がむずしくなるという意味では確かにそのとおりではあるのですが、資金管理さえ貫くことができれば国内FXよりはるかに少ない金額で効率よく資金を増やしていくことができるのです。

「大きなお金を入れないこと」と「適正ロットを取れること」は意識する必要があります。

元本以上の損失なし

次に、海外FXのメリットとして「追証なし」ということがあります。

元本以上の損失リスクはないということですね。

 

国内FXでは、証券会社側の内部で顧客の注文を呑(の)んでいるにもかかわらず、急激な相場変動によって注文が確定されるまでの「時間差」によってマイナスになってしまった分を顧客に請求してくるという理不尽な仕組みとなっています。

 

海外FXは借金までできるということはないですが、海外FXトレードであってもゼロカットされないようなトレードをしていくことが理想ではあります。

口座資金をゼロにしてしまってはFXとして「負け」なので!(資金を意図的に分けている場合を除く)

そういう意味ではゼロカットはトレーダーとしてお世話になりたくないものですが、

FXではなにが起こるかわからない世界ですので、ひとつの保険としてゼロカットがあることによって安心してトレードすることができます。

入金額以上の損失はない海外FX口座は「口座資金まで」をストップロスに見立てることもできます。

証拠金として使える「ボーナス」がある

海外FXでは証拠金としてトレードに使える「ボーナス」を配っている海外FX業者もあり、ボーナスは資金の少ないトレーダーにとってチャンスとなることは事実です。

ボーナスによって期待値は上がりますし、

FXトレードは最初は失敗してしまうもの。ならば与えられたボーナスを含む「少ない自己資金」で失敗しとけばいいわけで、

なるべく自己資金をかけずにトレード経験を積めるというメリットもあります。

決して「ボーナス = ダサい」と思わないこと。

 

とくに口座開設するだけでもらえる未入金ボーナス、入金に対して口座資金が2倍となる100%ボーナスは資金が少ないうちは使わない理由はありません。

 

さらにいうと資金量とトレードスキルに合わせてFXブローカーを使い分けていくことがおすすめです。

資金が増えてくればボーナス業者以外の取引条件の良いFXブローカーあるいは透明性重視のFXブローカーに切り替えたり併用したりするといったことです。

海外FXのメリットベスト3は「レバレッジ」「追証なし」「ボーナス」

海外FXのメリットベスト3のまとめ。

  1. レバレッジの選択肢の多さ : 圧倒的な効率の良さがある。ただし欲が出てすぐにゼロカされないように自身の適正レバレッジを探るまで時間がかかる
  2. 追証なし : 借金ができることがない。ゼロカットされないトレードが理想だが入金額以上の損失がないということは(口座資金がストップロスとなっている)安心材料
  3. ボーナス : 証拠金として使えるボーナスはうれしい要素となる

ほかに見過ごせない点として海外口座では「金融商品」の数が多いです。マイナーな通貨ペア、仮想通貨、株価指数の取り扱いがあります。

海外FXのデメリット | それらデメリットへの対策

海外FXのデメリット

海外FXのデメリットとして、やはり「信用リスク」があります。

世界の広いなかから選ぶとあやしい業者も混じっているもので、変な業者によっては出金拒否・出金遅延が起こりうる。

信用リスクをはじめとした海外FXのデメリット3選を上げていきます。

カウンターパーティリスク

海外FX業者が「倒産」した場合には預け入れた資金の全部が返ってくるわけではありませんし、返ってくる旨の約束がされていたとしても、かならずしも返ってくる保証がないということがあります。

FX業者が悪意をもってトンズラした場合には資金が戻ってこない危険がある。

トレードの失敗というよりもこのようなカウンターパーティリスクがあることが、広くあるなかから選ぶ海外業者を使ううえでの最大のデメリットです。

それなりに名のとおった国内の証券会社ではカウンターパーティリスクはほぼないですね。

カウンターパーティリスクへの対策

信用あるブローカーを使うこと

信用あるFXブローカーを選ぶこと!

まずはこれだけですね。

とくに運営歴、知名度、グループの金融ライセンスはかならず確認すること。

海外FXブローカーがこちらの記事の「基準に合致しているか」をチェックすることです。

 

そして資金が増えてくれば、念のためにさらにFXブローカーを分散していけばいいです。

ほかの対策としては、

しばらくトレードをしないならば出金手続きをしておくこと。

出金は期間を決めてこまめにかけること。

出金するまでがFXです!

税金について

FXの税金について

海外FXでは税金面が不利であるとされていますが、このことは利益の金額によります。

国内FXは「先物取引に係る雑所得等」として所得税と住民税を合わせて税率20%ですが、海外FXでは総合課税となっています。

累進課税として所得が大きいほど税金が増えていくということになり、海外FXでは所得税と住民税を合わせた最大の税率ラインは55%です。

くわえて海外FXでは年を超えての損益通算もできません。

ちなみに仮想通貨投資の税率も海外FXと同様です。

税金面の考え方

まず最初に知るべきことは、そもそも「税金の心配をすること」って贅沢な悩みなんです。

多くの人がそこに行き着けませんから。

 

利益が出ていないのにもかかわらずに税金の心配をすることはイタイです。

むしろそこを目的にしているわけです。

税金の心配ができるくらいに利益を上げることを目指す、これこそが目的なんです。

そのくらい勝てるようになれば税金の知識も勝手に増えていくことでしょう。

ひとついえることはFXや仮想通貨で思わぬ利益が出た場合に、翌年払う税金分はかならず取っておくこと。

 

次に具体的な対策として、税金の有利不利の分岐点を超えるまでは海外FXで、

途中から併用していき、最終的に国内の証券会社に切り替えるといったことですね。

 

利益を上げられ資金が大きくなればレバレッジを大きくかける必要もありませんし、資金量が大きくなれば少しの値幅でも大きく取れます。

 

海外FXの場合、法人口座をつくるということも王道ですね。

入出金手段のわずらわしさ

入出金手段のわずらわしさ

入出金のわずらわしさも海外FXのデメリットです。

FXブローカーによっては入出金手段がころころとかわることがある。

国内の資金移動と比べて国際銀行送金は時間と手数料がかかってしまうことがほとんどです。

 

それでも海外FXではEウォレットやビットコイン、テザーといった多様な入出金に対応しているのでデメリットだけというわけではないです。

入出金のわずらわしさへの対策

対策はそこまでむずかしいことでもなく、じつは銀行口座さえあればことたります。

国内銀行振込に対応している大手海外FXブローカーが増えています。が…

Bitwallet、STICPAYといったEウォレットのアカウントもつくっておきましょう。

とくに『Bitwallet』は海外FXの入出金にとても便利なものとなっています。

 

海外FX入金に使えないクレジットカードが増えてきていることと、海外FXからの銀行送金を受け付けていない銀行があることには注意。

クレジットカードよりデビットカードのほうがまだいい印象です。

海外送金の受け入れをおこなっていない銀行は、ゆうちょ銀行、じぶん銀行、みずほ銀行(インターネット支店のみ)、ジャパンネット銀行、セブン銀行、新生銀行などです。

※変更可能性あり

 

それと、FXブローカーによってこれからもころころと入出金事情がかわる可能性もあるので地味に重要なことは「情報を追うこと」です。

 

とりあえずは不安定なFXブローカーへの入金はやめるようにして、

メジャーなFXブローカーで国内銀行送金、海外銀行送金、くわえてBitwalletの手段があれば大丈夫です。

海外FXのデメリットの解消方法のまとめ

海外FXのデメリットの解消方法のまとめとしては、

  1. 資金が増えてくれば信用あるFXブローカーで分散すること
  2. 税金関係は、資金量とトレードスキルの段階によるということ。利益が大きいのならば国内FXや法人口座を検討する
  3. 入出金は、国内銀行振込・海外送金が基本となる。プラスしてBitwallet、ビットコイン、テザーなど

「国内FX」と「海外FX」のどっちが向いているか?

海外FXのメリットとデメリットを整理して、

メリット

  1. レバレッジの選択肢の多さ
  2. 追証なし
  3. ボーナス

デメリット

  1. カウンターパーティリスク
  2. 税金面
  3. 入出金のわずらわしさ

これらのメリットからデメリットを差し引いてモヤモヤが残るのであるならば国内FXを使えばいいのです。

こういうタイプならば海外FX!

資金が少ないうちは海外FX

(個人的な考えとして)資金が少ないうちは海外FXですね。

 

FXに自分の資金を大きくぶっこむのは危険ですし、国内FXのレバレッジでは効率がわるいと感じてしまうからです。

資金量が大きく、レバレッジをそれほどかける必要がないならば国内FXでいいのですが、

「FXは少額でやるもの」という前提で考えれば私としては海外FXとなってしまう。

どのくらいが「少額なのか」ということについては人によって異なると思います。

(私の場合は数百万円であっても海外FXです。)

 

そして注意してほしいのは、いくら効率がいいといっても資金を溶かしやすいのはハイレバができてしまう海外FXなので、

あくまで資金管理が最重要で「ルールを守って長くトレードしていける」ということが前提です。

海外FXの「メリット」と「デメリット」その結論

海外FXのメリットとデメリットを知ったうえでの要点まとめ

最後に結論を述べると、

ずーと海外FXを使っていかなくてはいけないなんてことはないのです。

このことは国内FXにしても同じです。

 

ひとつだけを使わなければいけないなんてことはない。

柔軟に考えることです。

時期によって海外FXのメリットが上まわれば海外FXでやればいいし、そうでないならほかに選択肢はいくらでもある。

 

使うFXブローカーは、資金量・相場の状況・手法・トレードスキルによって使い分けるということ。

国内FXか海外FXかの単純な話ではなく、

誰にとってもおすすめのFXブローカーなんてものはなく、

ずっと使えるものなんてないのです。

使う証券会社はかわってくるということ。

(それでも海外口座の良さを知ってしまうと、もう国内FXには戻れなくなる。仮想通貨関係ならなおさらです!)